【新潟記念/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

夏競馬最終日となる4日は新潟競馬場でサマー2000シリーズの最終戦・新潟記念(GIII、芝2000m)が行われます。

今回は馬場改修後となる2001年以降の過去データを集計対象として気になる騎手データを見ていきます。

◆【新潟記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

【新潟記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

■M.デムーロ騎手は新潟記念で鬼と化す

今年の新潟記念に騎乗する騎手の中で2001年以降のレースで騎乗経験があるのは17名。各騎手のデータは次の通りです。

[2001年以降]新潟記念の騎手別成績

まず目に飛び込んでくるのが、M.デムーロ騎手の圧倒的な成績ですね。2015年のパッションダンス(6人気1着)、2017年のアストラエンブレム(1人気2着)、2019年のジナンボー(6人気2着)、2020年のジナンボー(3人気2着)、そして昨年のマイネルファンロン(12人気1着)と5度の連対を誇ります。

昨年はフタ桁人気での勝利でしたから新潟記念=M.デムーロ騎手と覚えている競馬ファンが多いかもしれません。また【M.デムーロ騎手】×【関東馬】の組み合わせは【1.3.0.0】で連対率100%を記録。昨年のマイネルファンロンも該当する熱いパターンです。

同騎手は今年の新潟記念で前日15時時点12番人気のプレシャスブルー(牡8、美浦・相沢郁厩舎)に騎乗予定。2戦連続でフタ桁着順と常識的には狙いづらいものの同馬は昨年の6着馬です。新潟記念の鬼が跨る今年は大激走があるかもしれません。押さえは必須と考えます。

◆【新潟記念2022予想/追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

【新潟記念/追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

■江田照男騎手にも一発の可能性

そしてM.デムーロ騎手と同じく集計期間内2勝を挙げる江田照男騎手についても見ていきましょう。同騎手は2005年のヤマニンアラバスタ(3人気)、2009年のホッコーパドゥシャ(5人気)の2頭を勝利に導き、2003年のカンファーベスト(7人気2着)、2004年のトーセンダンディ(6番気3着)のような伏兵馬も好走させてきました。

さすがにフタ桁人気馬では【0.0.0.5】ですが、10番人気以内に支持されるような警戒しておくべきでしょう。江田照男騎手は前日15時時点15番人気のフォワードアゲン(セ5、美浦・中野栄治厩舎)に跨ります。

こちらも人気という尺度から買いづらそうに見えますが、当日人気が上がるようなら押さえてみてください。

◆【新潟記念2022予想/血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

【新潟記念/血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

■人気馬に跨る池添謙一騎手のジャッジは

最後に混戦の中、前日15時時点1番人気のヒートオンビート(牡5、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗を予定する池添謙一騎手のデータを見ていきましょう。同騎手は2009年のサンライズベガ(6人気2着)、2018年のブラストワンピース(1人気1着)と2度の連対がありますね。

人気と比べると着順の落ち込みは見られますが、他騎手のデータが芳しくないことを考慮すると、人気の人馬ではヒートオンビートと池添謙一騎手のコンビを信頼すべきと考えます。

やや消去法的な紹介となりましたが、今年の新潟記念は大混戦模様ですから、ヒートオンビートを軸に人気薄の馬へ流すだけでけっこうなリターンが見込めそうです。

以上、新潟記念の気になる騎手データでした。前日オッズも考慮し軸向きはヒートオンビートに跨る池添謙一騎手ですが、特大の一発があっても不思議ではないプレシャスブルーに跨るM.デムーロ騎手をデータ注目騎手として取り上げます。2年連続の激走が見られるのか注目してみてください。

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

【新潟記念/データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

◆【データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

【新潟記念/データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

新潟記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

◆【追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

◆【追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

◆【追い切り診断】好走続く人気一角に「A」評価 「馬自身成長を実感している」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

◆【危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

◆【血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

◆【脚質傾向】差しが最多5勝はコースの特徴 注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

◆【動画プレーバック/新潟記念2021】外ラチ沿いから前走14着の穴馬マイネルファンロンが差し切り重賞初制覇

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします