【新潟記念/穴ライズ】パワーアップで前走快勝の注目馬 「臨戦態勢は整っており力を出せる状態」

■エヒト

5カ月ぶりの久々となった前走の七夕賞は、中団から勝負どころで押し上げていき、最後までヒートオンビートらの追撃を凌いで重賞初制覇。背負ったハンデ54キロも味方したが、それ以上に休養を経て馬がパワーアップしたことが勝因だろう。2着馬につけた着差は2馬身半と、インパクト大の勝利だった。

◆【新潟記念2022予想/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

【新潟記念/騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

元々は3週間前の小倉記念をターゲットに調整が進められていたが、前走快勝の反動が見られたためここへスライド。強硬策に出なかったことが功を奏したようで、緩やかながらにもデキは上向いているようだ。前回ほどでないにせよ、臨戦態勢は整っており力を出せる状態にある。

過去5勝はすべて右回りで挙げたもので、さらに今回は前走から3キロ増の57キロを背負う。条件は一気に厳しくなったものの、本格化を迎えた今ならなんなく突破してもおかしくはない。ここを勝てばサマー2000シリーズ優勝もグッと近づくだけに、ファンに好配当を届けつつ夏の中距離王の座に王手を掛けたいところだ。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

【新潟記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の盲点 「相手の一頭には入れておきたい」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

【新潟記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 噛み合えば「波乱の使者となる資格あり」

◆【危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

【新潟記念/危険な人気馬】実績最上位の有力馬を“消し”評価 「善戦マンゆえの脆さがある」

新潟記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】攻め気配は上々の有力馬に最高評価「S」 「勝負気配の高さを物語る」

◆【追い切り診断】最終追いでの伸びに貫禄も「B」の低評価 実力上位の人気馬とは

◆【追い切り診断】サンレイポケットを上回る高評価 「状態面の上積みだけ見込める」

◆【追い切り診断】好走続く人気一角に「A」評価 「馬自身成長を実感している」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートとイクスプロージョンに明暗、馬券内率“100%”と“ゼロ”データ

◆【データ攻略-後編】コース替わりで「馬券内率75%」、前走惜敗で人気落ちの穴馬とは

◆【騎手データ】“連対率8割超え”の名手に注目 大混戦模様で人気馬を信頼も

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】エヒトは連対率0%の“鬼門”に ヒートオンビートは3枠5番

◆【血統傾向】レース相性抜群の王道血統 注目すべきは単回収値「201」の中穴

◆【脚質傾向】差しが最多5勝はコースの特徴 注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】夏を締めくくる難解なハンデ重賞 注目ローテはサマー2000シリーズ

◆【動画プレーバック/新潟記念2021】外ラチ沿いから前走14着の穴馬マイネルファンロンが差し切り重賞初制覇

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-新潟記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします