【Dリーグ】ディフェンディング・チャンプKOSÉ 8ROCKSに新ディレクターKaku就任「初の2連覇目指す」

昨シーズン王者 KOSÉ 8ROCKSの新ディレクターに就任したKaku (C) KOSÉ 8ROCKS

6月5日にチケット完売で満席の観客と共にチャンピオンシップを終え、10月のサードシーズン開幕が待ちどおしいDリーグは、コロナ禍の開幕から2年、着々とファンを増やし、いよいよ注目度が高まっている。

「チャレンジャーとして挑む」と抱負を語るKaku 撮影:SPREAD編集部

そんな中、セカンドシーズンで初制覇を果たした「KOSÉ 8ROCKS(コーセーエイトロックス)」の新ディレクターに、世界的に活躍するB-BoyKakuが就任するというニュースが飛び込んできた。Kakuと言えば、大阪の有名ダンスチーム「MORTAL COMBAT(モータルコンバット)」の結成メンバーであり、世界最高峰のB-Boyバトル(ブレイキン、ブレイクダンス)「Red Bull BC One」に日本代表として2度の出場。また、国内最大規模の大会である「DANCE ALIVE HERO’S」でも優勝するなど、数々のタイトルと輝かしい実績を持つ、ブレイキン界の綺羅星であり、海外のサーカス団への参加や役者としての活動など、ダンサーの枠を超えたバイタリティでも評判の“スーパーダンサー”である。

◆2年連続MVD “B BOY” ISSEIの“これまで”と“これから” 「パリ五輪だけがダンスじゃない」

■チャレンジャーとして「2連覇」目指す

セカンドシーズンではエイトロックスのSPダンサーとして、彼の得意とするヘッドスピンやツーサウザンド(両手で倒立した状態で回転する技)など、Kakuにしかできないクオリティで、彼ならではの大技を繰り出し、チームの優勝に貢献した。頂点を極めたエイトロックスをさらなる高みへと率いていく担い手として、もってこいの逸材と言えるだろう。

だが、Dリーグサードシーズンに向けて、Kakuにエイトロックスのディレクターの打診が来た当初は、大阪にダンスチームを有し、定期的なオーディションなど大阪のダンスシーンの中心で常に忙しく活動していたこともあり、そこを離れることへの憂いは当然あり、また、「自分でいいのか」という不安もあったと言う。

ストリートでもヘッドスピンをかますKaku (C) KOSÉ 8ROCKS

「でも、その一緒にやってきたチームのみんなが、今回の新しい挑戦へと後押ししてくれたんです。そこで、不安の気持ちが切り替わっていき、ワクワクと挑戦心が芽生え、『切り開いてゆこう』という決心へとすぐに変換することができました」。メンバーを気持ちよく送り出せるのは、その仲間に良き関係性があってこその展開であり、Kakuの人柄を物語るエピソードである。

今回ディレクターに就任したコーセーエイトロックスも、メンバー同士の信頼感や仲の良さを強く感じる素晴らしいチームであるが、いくつものチームを率いてきたKakuから見た、現在のエイトロックスを語ってもらった。

KakuはMORTAL COMBAT(モータルコンバット)の結成メンバーでもある 撮影:SPREAD編集部 

「セカンドシーズンまででも2回、SPダンサーとして参加しましたが、レッスン後にメンバーで一緒にお風呂に入ったり、仲が良く、コミュニケーションが良くとれているチームです。皆のブレイクダンスへの想いや志、一回一回のラウンドにかける気持ちの強さと質がダントツに高く、今この瞬間を常に100%でやっているということがしっかりと伝わってきます。一人一人個性がしっかりとあるため、時にぶつかり合いはありますが、それは志あるプラスになるためのぶつかり合いであり、結果的にはよい方向へと向かっています。そして、全員がDリーグでプロとして、企業と共に行っているということをしっかりと理解しているなと思います。コロナという逆境下で忍耐強さも出てきて、様々な課題や問題にも対応していく能力も強まりました。今回自分がディレクターになったことで、当然目指すべきものはこのDリーグでの初の2連覇です。そのための作品作りでは今まで挑戦していなかったこともやっていきたいですし、前シーズン優勝したからといって、“上のもの”としてではなく、新たにスタートするシーズンも、チャレンジャーとして挑んでゆきます」。

しっかりと進むべき道を見据えているかのようなKakuのまっすぐな瞳は、“自らを超えていくもの”としての覚悟と決意がきりりと宿っていた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします