【超RIZIN】吉成名高、タイ人選手との対戦に意欲「世界に自分のムエタイを知ってほしい」

「世界中に自分のムエタイ、ムエタイの美しさを知ってもらいたい」と語る吉成名高(C)AbemaTV, Inc.

総合格闘技団体「RIZIN」の榊原信行CEOは5日、さいたまスーパーアリーナで25日に開催される2部制大会「超RIZIN / 湘南美容クリニック presents RIZIN.38」の記者会見を行った。会見にはすでに「超RIZIN」への出場が発表されていた吉成名高も登壇し、試合に向けての意気込みを口にした。

◆【RIZIN.38】バンタム級王者・堀口恭司、久々の日本大会は「楽しみ」 対戦相手の金太郎は「殺す気持ちで上回る」と怪気炎

■吉成「ムエタイの美しさを知ってもらいたい」

対戦相手のバンダサック・ソー・トラクンペット(タイ)は吉成との試合について「タイでも有名な名高と日本で戦えて嬉しいです。名高に勝って日本で有名になります。名高はムエタイ選手なので、お互いにリズムが合いよい試合ができると思います」とコメント。対する吉成は「自分にしかできない試合をお見せしたい。世界中の皆さんに、自分のムエタイ、ムエタイの美しさを知ってもらえるいい機会だと思う。注目してほしい」とした。

吉成は相手に勝るポイントについて「テクニックとスピード」と回答。それらを駆使して一発のある相手を完封したいとしている。

現在21歳の吉成は、プロ戦績40戦5敗、RIZIN5戦5勝(5KO)。2018年の5月から負けなしで、7月には世界初となる3大ムエタイ・タイトルを制覇し、現在“10冠”を誇るムエタイの若き天才。

8月31日には自身のTwitterで「超RIZINに出場させていただくことが決まりました。この舞台で試合ができることを本当に嬉しく思っています。関係者のみなさま、ありがとうございます(笑顔)。日本だけではなく、世界中の人々にムエタイの強さと美しさを伝えられるよう全力で戦いますので、応援よろしくお願いいたします」と出場を報告している。

この日発表となった追加カードは以下の通り。

超RIZIN

・三浦孝太 vs. ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン

「超RIZIN」参戦が決まった三浦知良の次男、孝太(C)AbemaTV, Inc.

RIZIN.38

・伊澤星花 vs.アナスタシア・スヴェッキスカ
※RENA負傷による欠場のため。

・浜崎朱加 vs. パク・シウ

◆「メイウェザーvs.朝倉未来」格闘家たちの試合展開予想まとめ、大会概要・ルール、戦績、体格差

◆朝倉未来、メイウェザーに宣戦布告「顔面に強烈な一撃入れたい」メイウェザーは「最善を尽くす」

◆朝倉未来は「那須川天心と異なる」 米メディア展望、メイウェザーに「フィジカル面で大きな問題もたらす」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします