【京成杯AH2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

第67回京成杯オータムH(GIII、芝1600m)の枠順が9日、JRAより発表された。

重賞2勝目を目指すダーリントンホールは5枠8番、重賞初制覇の期待がかかるファルコニアは7枠11番、中山を得意としているミスニューヨークは4枠6番、勝てば夏のマイル王となるベレヌスは1枠1番に入った。

2014年に新潟競馬場で開催されていることから、ここでは過去10年の中山1600mの重賞レースを条件に「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【京成杯オータムハンデキャップ2022】調教動画&参考レース

◆【京成杯オータムハンデキャップ2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【京成杯AH2022】過去10年の前走レースから読み解く狙うべき馬とは

◆【京成杯オータムハンデキャップ2022予想/人気&血統傾向】過去データから読み解く狙うべき馬とは

【京成杯AH2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【動画プレーバック/京成杯オータムハンデキャップ2021】7番人気カテドラルが直線で内から外に抜け出し見事な末脚で差し切って重賞初制覇

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

最多優勝回数の好枠

ルークズネストダーリントンホールが入った5枠は、トップとなる勝率10.1%を誇る。

同コースを得意とする騎手

・本レースでも2勝をしているルークズネストに騎乗する戸崎圭太騎手
 ⇒昨年も7番人気カテドラルを1着に、ターコイズSでも13番人気ギルデッドミラーを3着に導いている。同騎手が6番人気以下に騎乗した時の成績は、【2-2-1-6】複勝率45.5%なだけに狙ってみるのも面白いかもしれない。

セントウルステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】人気一角の有力馬に最高評価「S」 「素軽さ満点」で万全の態勢

◆【追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

◆【追い切り診断】ソングラインを上回る高評価 「今回は動きの質が違っている」

◆【追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の伏兵 「このメンバーなら太刀打ちできる」

◆【穴馬アナライズVol.2】復調のきっかけを掴んだ実績馬 条件好転で「高配当の使者」になる

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続く“人気落ち”の妙味 「激走があっても驚けない」

◆【危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

▼データ予想
◆【騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

◆【データ攻略-前編】ソングラインに「馬券内率ゼロ」の不安要素 人気一角には「勝率6割超え」が後押し

◆【データ攻略-後編】馬券圏内率“7割超え”の惑星 「2強」相手にマスト条件とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは条件合致で数値上昇の好枠に ソングラインは7枠11番

◆【血統傾向】開幕週に強い単回収値「272」の配合 コース相性で狙う軸候補とは

◆【脚質傾向】逃げが“ゼロ”勝も該当馬なし 好走条件はコースにあり

◆【前走ローテ】好成績な北九州記念組に警鐘 軸にすべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/セントウルステークス2021】レシステンシアがクビ差で振り切って1番人気に応えて勝利

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします