【セントウルS/データ攻略-前編】ソングラインに「馬券内率ゼロ」の不安要素 人気一角には「勝率6割超え」が後押し

今週は中京競馬場でセントウルS(芝1200m)が行われる。

今年も左回りの中京で施行される当レース。今年はGI馬ソングライン、そしていまやアイドルホースと呼べる存在となったメイケイエールの参戦とあって例年以上に注目を集めている印象だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【セントウルステークス2022予想/追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

【セントウルS/追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

■メイケイエールを後押しする「左回り」

「暴走娘」の異名をとった2~3歳時から一転、今年に入り安定した競馬を続けているメイケイエール。そのキャラクター性が相まって写真集の発売も決定しているアイドルホースだが、今回追い風となるのは舞台設定だ。

・左回りの成績【2-0-0-1】

注目したいのはその内訳。課題の折り合いを克服し勝利を飾ったシルクロードS、大外枠かつイン有利馬場の不利がありつつ勝ち馬と0秒1差の高松宮記念、そして久々の1400m戦を苦にしなかった前走京王杯SC。いずれも中身の濃い内容だった。ソングラインとの比較で斤量1キロ差のアドバンテージがある点も好材料。スプリンターズSに向けて幸先の良いスタートが期待できそうだ。

◆【セントウルステークス2022予想/危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

【セントウルS/危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

■ソングラインに立ちはだかる「キズナ産駒×中京芝1200m重賞」の壁

春競馬は安田記念で悲願のGIタイトルを獲得。確固たる実績を携えて秋初戦に臨むのがソングラインだ。GIを制した牡馬を一蹴した前走内容から、メンバーが手薄なGIIでは格上の存在。普通に走れば上位進出は必至と思われる1頭だが、今回は以下のデータが立ちはだかる。

・キズナ産駒の中京芝1200m重賞成績【0-0-0-7】

このなかには3人気でセントウルSに参戦したビアンフェなど人気馬も該当。中京芝1200mでキズナ産駒が挙げた勝利は未勝利-2勝クラスの下級条件に限定されており、3勝クラス以上ではいまだ白星がない状態となっている。プラン通りなら次走は海外GI・BCマイルが控えるソングライン。次走を見据えた仕上げと自身初の1200mで足元をすくわれる可能性は想定しておきたい。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略-後編】馬券圏内率“7割超え”の惑星 「2強」相手にマスト条件とは

【セントウルS/データ攻略-後編】馬券圏内率“7割超え”の惑星 「2強」相手にマスト条件とは

◆【騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

【セントウルS/騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

セントウルステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】人気一角の有力馬に最高評価「S」 「素軽さ満点」で万全の態勢

◆【追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

◆【追い切り診断】ソングラインを上回る高評価 「今回は動きの質が違っている」

◆【追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の伏兵 「このメンバーなら太刀打ちできる」

◆【穴馬アナライズVol.2】復調のきっかけを掴んだ実績馬 条件好転で「高配当の使者」になる

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続く“人気落ち”の妙味 「激走があっても驚けない」

◆【危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは条件合致で数値上昇の好枠に ソングラインは7枠11番

◆【血統傾向】開幕週に強い単回収値「272」の配合 コース相性で狙う軸候補とは

◆【脚質傾向】逃げが“ゼロ”勝も該当馬なし 好走条件はコースにあり

◆【前走ローテ】好成績な北九州記念組に警鐘 軸にすべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/セントウルステークス2021】レシステンシアがクビ差で振り切って1番人気に応えて勝利

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022京成杯AH-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします