【セントウルS/追い切り診断】ソングラインを上回る高評価 「今回は動きの質が違っている」

■サンライズオネスト

【中間調整】今年1月のカーバンクルSを制し、オープンクラスで初勝利。2走前の高松宮記念では、前が何度も詰まりながら脚を伸ばし0秒3差と着順(9着)のイメージよりは健闘していた。疲れがあって4着に終わった5月の鞍馬S後は、山岡トレセンで英気を養い4カ月ぶりの復帰戦としてここに臨んでくる。8月上旬に栗東へ帰厩。体を減らして戻ってきた誤算があったようだが、17日の初時計で坂路4F51秒8(馬なり)と速い時計を出せており、帰厩後のケアは順調と言える。1週前追いは終いにビシッと追われ、坂路4F51秒2-1F12秒0(一杯)とさらに時計を短縮。追われれば追われただけ反応できていたのは好感が持てる。

◆【セントウルステークス2022予想/騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

【セントウルS/騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

【最終追い切り】今回初コンビを組む横山典弘騎手が騎乗し、坂路単走。テンからいい勢いでスピードに乗って進むと坂の途中の見せムチに反応し過ぎてヨレる場面はがありながらも、最後までいい手応えを保って走り切った。時計は4F50秒5(馬なり)と申し分なしだ。

【見解】帰厩後のケアがよほど上手くいったようで、牧場から体を減らして帰ってきたという談話がにわかには信じられないほど。尻上がりに素軽さを増し、最終追いでは楽に好時計を出せている。鞍上として志願してきたという横山典弘騎手もしっかり手の内に入れているようだ。これまでどちらかと言えば叩き良化型だったが、今回は動きの質が違っており、いきなりの好走があるかの。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】人気一角の有力馬に最高評価「S」 「素軽さ満点」で万全の態勢

【セントウルS/追い切り診断】人気一角の有力馬に最高評価「S」 「素軽さ満点」で万全の態勢

◆【追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

【セントウルS/追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

◆【追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

【セントウルS/追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

セントウルステークス2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の伏兵 「このメンバーなら太刀打ちできる」

◆【穴馬アナライズVol.2】復調のきっかけを掴んだ実績馬 条件好転で「高配当の使者」になる

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続く“人気落ち”の妙味 「激走があっても驚けない」

◆【危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

▼データ予想
◆【騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

◆【データ攻略-前編】ソングラインに「馬券内率ゼロ」の不安要素 人気一角には「勝率6割超え」が後押し

◆【データ攻略-後編】馬券圏内率“7割超え”の惑星 「2強」相手にマスト条件とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは条件合致で数値上昇の好枠に ソングラインは7枠11番

◆【血統傾向】開幕週に強い単回収値「272」の配合 コース相性で狙う軸候補とは

◆【脚質傾向】逃げが“ゼロ”勝も該当馬なし 好走条件はコースにあり

◆【前走ローテ】好成績な北九州記念組に警鐘 軸にすべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/セントウルステークス2021】レシステンシアがクビ差で振り切って1番人気に応えて勝利

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします