【セントウルS/穴ライズ】復調のきっかけを掴んだ実績馬 条件好転で「高配当の使者」になる

■モントライゼ

前走の北九州記念は、後方からよく追い込んで5着。好走の要因として、道中にロスなく内々を立ち回ったこともあったが、腹を括った騎乗も良かったか。昨夏のアイビスサマーダッシュ以降、フタ桁着順続きだったものの、久々に掲示板入りを果たしている。

◆【セントウルステークス2022予想/追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

【セントウルS/追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

長らく“低空飛行”が続いたが元々は力のあった馬で、2歳シーズン秋の京王杯2歳Sで重賞初勝利。この他にも重賞戦線では、小倉2歳Sで2着、ファルコンSで3着などの実績がある。ポテンシャルなら、このメンバーに入っても引けを取らない。あとはその脚力をレースで活かせるか、気持ちの問題だったが、前回の走りから復調のきっかけを掴んだと見て、まだ半信半疑のここで積極的に狙ってみたい。

例年は阪神開催のセントウルSだが、京都改修の影響を受け、昨年に続いて今年も中京開催。これにより今年も左回りで行われるが、本馬の左回り実績は前述の京王杯2歳S、そしてファルコンSをはじめ【1.0.1.1】と、右回りより良績を残している。条件が好転する今回、完全復活の走りで高配当を届ける使者となる。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”前後の伏兵 「このメンバーなら太刀打ちできる」

【セントウルS/穴ライズ】想定“10人気”前後の伏兵 「このメンバーなら太刀打ちできる」

◆【穴馬アナライズVol.3】惨敗続く“人気落ち”の妙味 「激走があっても驚けない」

【セントウルS/穴ライズ】惨敗続く“人気落ち”の妙味 「激走があっても驚けない」

◆【危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

【セントウルS/危険な人気馬】2強の一角を“消し”評価 「着順を落とす可能性が高い」

セントウルステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】人気一角の有力馬に最高評価「S」 「素軽さ満点」で万全の態勢

◆【追い切り診断】“2強”の一角に疑念の「B」評価 「見た目を信じ切ることができない」

◆【追い切り診断】ソングラインを上回る高評価 「今回は動きの質が違っている」

◆【追い切り診断】前走惨敗の伏兵に高評価「A」 「行きっぷりが戻ってくる」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ソングラインに「馬券内率ゼロ」の不安要素 人気一角には「勝率6割超え」が後押し

◆【データ攻略-後編】馬券圏内率“7割超え”の惑星 「2強」相手にマスト条件とは

◆【騎手データ】2強に食い込むジョッキーに注目も 軸は“連対率6割超え”の人気馬

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】メイケイエールは条件合致で数値上昇の好枠に ソングラインは7枠11番

◆【血統傾向】開幕週に強い単回収値「272」の配合 コース相性で狙う軸候補とは

◆【脚質傾向】逃げが“ゼロ”勝も該当馬なし 好走条件はコースにあり

◆【前走ローテ】好成績な北九州記念組に警鐘 軸にすべき有力馬とは

◆【動画プレーバック/セントウルステークス2021】レシステンシアがクビ差で振り切って1番人気に応えて勝利

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-セントウルS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします