【セントライト記念/血統傾向】中山で覚醒する単回収値「350」の配合 前走惜敗も“人気落ち”の穴馬とは

19日に中山競馬場で行われるセントライト記念(GII、芝2200m)の「血統傾向」を分析する。

弥生賞勝ちや日本ダービー3着など実績十分のアスクビクターモアや、京成杯覇者のオニャンコポンをはじめ、昨年のホープフルS3着のラーグルフ、重賞初出走の上がり馬ガイアフォースローシャムパークら、春の実績馬と夏の上昇組が多数参戦する。

ここでは、血統データから読みとくセントライト記念の推奨馬を紹介する。

◆【ローズステークス2022予想/追い切り診断】充実一途の伏兵に高評価 「余念のない攻めが施されている」

【ローズS/追い切り診断】充実一途の伏兵に高評価 「余念のない攻めが施されている」

■ノーザンテーストの血に注視

データは2017年以降のセントライト記念を集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

過去5年でディープインパクト産駒は1勝も挙げられておらず、【0.3.0.8】という成績。また、キングカメハメハ産駒【0.1.0.4】、ハーツクライ産駒【0.0.2.5】と主流血統が軒並み振るわない成績。

そんな中、好走しているルーラーシップ、ナカヤマフェスタ、トーセンホマレボシ、スクリーンヒーローといった種牡馬の共通点はノーザンテーストを内包していること。これは中山芝2200mのコース形態にカギがある。スタートして最初のコーナーまで約430mと長いホームストレッチ。序盤から高低差2.4mの急坂もあり、隊列は決まりやすくペースは落ち着く傾向。しかし、2コーナー付近から下り坂で、最後の直線で再び急坂を迎えるなどアップダウンがあり、パワーとスタミナが求められる舞台だ。そこで、パワーとスタミナに富んだノーザンテーストの血が生きてくる。

◆【ローズステークス2022予想/データ攻略-前編】前走圧勝の上がり馬に不安要素 「馬券内率0%」の壁を打ち破るか

【セントライト記念/データ攻略-前編】前走圧勝の上がり馬に不安要素 「馬券内率0%」の壁を打ち破るか

今回はノーザンテーストを内包しているキタサンブラック産駒のガイアフォース、同様にノーザンテーストを内包しているステイゴールドを母父にもつショウナンマグマの2頭を推奨馬としてピックアップしたい。

1頭目のガイアフォースは、前走の国東特別をコースレコードで制し、勢いに乗っての重賞初挑戦。今回は2200mへの距離延長となるが、父キタサンブラックの牡馬が、芝のレースで1800m以上の非根幹距離を走ると【9.2.1.28】(勝率22.5%、連対率27.5%、複勝率30.0%/単回収値145)と非常に高い勝率と単回収値を誇っている。なかでも前走上がり3位以内の場合【4.0.0.3】(勝率、連対率、複勝率57.1%/単回収値131)と高確率で勝ち切っており、アタマで狙いたくなる内容。父も勝ったセントライト記念の舞台なら、いきなりの重賞制覇もなんなく達成しそうで推奨したい一頭だ。

2頭目のショウナンマグマは、前走のラジオNIKKEI賞でペースを緩めない、ハイペースの単騎逃げを敢行。最後の直線では内をすくって伸びたフェーングロッテンに差されて2着に敗れてしまったが、持続力の高さを示した1戦だったと言えるだろう。また、2017年以降、父ノーザンダンサー系×母父ステイゴールドの牡馬は、中山芝レースに出走すると【4.1.1.10】(勝率25.0%、連対率31.3%、複勝率37.5%/単回収値236)と全5勝中4勝を中山で勝っているように大得意としている。なかでも開催5日以内だと【3.1.1.5】(勝率30.0%、連対率40.0%、複勝率50.0%/単回収値350)と綺麗な馬場状態だとより好走率が高く、中山開催5日目に行われるセントライト記念にピッタリ。スピードの持続力を生かし切れば、重賞初制覇も見えてきそう。
馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】オニャンコポンとアスクビクターモアが5枠に ガイアフォースは“連対率0%”の鬼門

【セントライト記念/枠順】オニャンコポンとアスクビクターモアが5枠に ガイアフォースは“連対率0%”の鬼門

◆【脚質傾向】先行が圧倒的有利も 注目すべきは上がり3F

【セントライト記念/脚質傾向】先行が圧倒的有利も 注目すべきは上がり3F

◆【前走ローテ】最多6勝の日本ダービー組が本命も 注目したい穴馬候補とは

【セントライト記念/前走ローテ】最多6勝の日本ダービー組が本命も 注目したい穴馬候補とは

◆【動画プレーバック/セントライト記念2021】1番人気タイトルホルダーを破り、9番人気アサマノイタズラが外から差し切って重賞初勝利

セントライト記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】アスクビクターモアを上回る高評価 「体調面に不安は感じない」

◆【追い切り診断】最高評価「S」は連対率100%の人気馬 前走の反動なし「絶好の仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に高評価「A」 「ここにまずは全力投球か」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「B」評価 素質十分も取りこぼす可能性も

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】連対中の上がり馬は“消し”評価 「同世代の実績馬相手だと厳しい」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で“連対率50%”超えに注目も 人気馬は頭で決まり

◆【データ攻略-前編】前走圧勝の上がり馬に不安要素 「馬券内率0%」の壁を打ち破るか

◆【データ攻略-後編】「連対率100%」が強力後押し 舞台適性も文句なしの穴馬とは

文●中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします