【アジアクロスカントリーラリー】チーム三菱ラリーアートが2022の参戦体制を発表 総監督は増岡浩

パルダカール・ラリー優勝ドライバーでもある増岡浩総監督が指揮するチーム三菱ラリーアート (C)三菱自動車

三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)が技術支援する「チーム三菱ラリーアート(以下、ラリーアート)」は16日、11月21日から26日にタイ~カンボジアで開催されるアジアクロスカントリーラリー(以下、AXCR)2022の参戦体制を発表した。

ラリーアートは、インドネシアのスプリントラリー選手権王者のリファット・サンガー(インドネシア)、タイのクロスカントリーラリーで優勝経験のあるチャヤポン・ヨーター(タイ)が『トライトン』のT1仕様(改造クロスカントリー車両)で上位入賞を狙い、経験豊富なサクチャイ・ハーントラクーン(タイ)が同じく『トライトン』でリファットとチャヤポンをサポートする体制となる。

◆【アジアクロスカントリーラリー】新生チーム三菱ラリーアート、トライトンとともについに始動…

■アジアクロスカントリーラリー向けテストは順調

同チームを運営するタントスポーツ(タイ)には、三菱自動車からダカールラリー2連覇の経験をもつ増岡浩が総監督として参画するほか、開発部門のエンジニアがチームに帯同、テクニカルサポートを行う万全の体制でAXCR本番に臨む。

チームはさる8月29~31日の3日間、タイ西部カンチャナブリーのオフロードコース「グランプリ・モーターパーク」に集結し、3日間にわたる約1,100kmの耐久試験を実施。エンジンの軽量化とともに出力特性を見直してドライバビリティを向上させ、ツイスティなコースでは軽快なハンドリングを発揮することを確認済。また、新たにデュアルダンパーを採用することによって路面追従性が向上し、走行安定性と悪路走破性が大幅に向上させた。

『トライトン』を初めてドライブしたリファットは「ラリードライバーはひとつひとつ異なるコーナーを幾つも駆け抜けていきます。だからこそ重要なのは、ドライバーの意のままの操縦性と走破性、悪路をものともしない高い耐久性と信頼性、そして的確かつ迅速にナビゲートしてくれる優秀なコ・ドライバーの存在です。私たちの『トライトン』は、悪路走破性と耐久性が飛躍的に高められていることを確認できました」と好感触を語った。

トライトンによる現地テストは順調 (C) 三菱自動車

また、前回6月の耐久試験から引き続き参加したチャヤポンは本番を想定したスピードで走行し、「ラリーはスピードがすべてではありません。ドライバーとクルマとの一体感を極限まで高め、攻めるところと守るところ、緩急をしっかりコントロールしていくことが、勝利を収めるために重要なことです。私たちの『トライトン』は操作に対して正確かつ俊敏に反応する素晴らしい仕上がりとなりました」と大きな手ごたえを掴んだようだ。

総監督である増岡浩は「実力あるドライバーを迎えることができ光栄に思います。リファットはスプリントラリーでの実績は十分ですから、長丁場のクロスカントリーラリーの戦い方をチームとしてマネジメントすれば良いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。チャヤポンはクロスカントリーラリーでの経験も豊富で、乗る度にパフォーマンスが上がっており期待が持てます。『トライトン』も2回の耐久試験を通じて問題点を洗い出し、それらを克服することができました。11月のシェイクダウンテストを実施して本番に臨みますが、私たちの『トライトン』はここまで順調に仕上がっており、2人のドライバーは力強く逞しい走りを披露してくれると思います」とコメントを寄せた。

■「チーム三菱ラリーアート」チームプロフィール

総監督:増岡 浩(三菱自動車)
チーム代表:シャユット・ヤンピシット(タイ:タントスポーツ)
テクニカルディレクター:コーポン・アマータヤクン(タイ:タントスポーツ)
テクニカルサポート:
田中泰男(三菱自動車:車体)
柴山 隆(三菱自動車:エンジン)

◆三菱ラリーアート、再参戦へのシナリオ 後編 「本番は来年」と増岡浩さん

◆【モータースポーツ】三菱自動車「ラリーアート」復活の青写真予想

◆【三菱ラリーアート正史】第1回 ブランドの復活宣言から、その黎明期を振り返る

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします