【ローズS2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

第40回ローズS(GII、芝2000m)の枠順が16日、JRAより発表された。

前走のオークス7着からの巻き返しを狙うアートハウスは5枠8番、半兄に朝日杯フューチュリティSを制したサリオスを持つ2連勝中の良血馬サリエラは4枠6番、3連対中の上がり馬セントカメリアは1枠1番に入った。

今年も昨年に引き続き中京開催。ここでは、過去10年の中京2000mのGIIレースを条件に「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【ローズステークス2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【ローズS2022】過去10年の前走レースから読み解く狙うべき馬とは

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

最多優勝回数の好枠

アートハウスメモリーレゾンが入った5枠は、勝率12.5%、複勝率33.3%とトップの値となっている。
 ⇒昨年のロースSでは12番人気エイシンヒテンが2着に、金鯱賞では10番人気ギベオンが優勝している。今年の金鯱賞でも5番人気のアカイイトが3着に入っており、単勝回収値982とトップの値となっている。

同コースを得意とする騎手

・同コースのGIIを3勝しているのが、アートハウスに騎乗する川田将雅騎手
 ⇒今年の金鯱賞でも2番人気に推されたレイパパレを2着に、一昨年のローズSでは3番人気リアアメリアを1着に導いている。同騎手が騎乗する馬が3番人気以内に推された場合、【3.1.0.4】複勝率50.0%となっている。

◆【ローズステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】前日オッズ“20倍”超えの盲点 「高配当の使者」の資格は十分

【ローズS/穴ライズ】前日オッズ“20倍”超えの盲点 「高配当の使者」の資格は十分

◆【ローズステークス2022予想/人気&血統傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【ローズS2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【特集】ローズS2022 枠順、過去10年データ傾向、予想コラム一覧

【特集】ローズS2022 枠順、過去10年データ傾向、予想コラム一覧

セントライト記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】アスクビクターモアを上回る高評価 「体調面に不安は感じない」

◆【追い切り診断】最高評価「S」は連対率100%の人気馬 前走の反動なし「絶好の仕上がり」

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に高評価「A」 「ここにまずは全力投球か」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「B」評価 素質十分も取りこぼす可能性も

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】連対中の上がり馬は“消し”評価 「同世代の実績馬相手だと厳しい」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で“連対率50%”超えに注目も 人気馬は頭で決まり

◆【データ攻略-前編】前走圧勝の上がり馬に不安要素 「馬券内率0%」の壁を打ち破るか

◆【データ攻略-後編】「連対率100%」が強力後押し 舞台適性も文句なしの穴馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】オニャンコポンとアスクビクターモアが5枠に ガイアフォースは“連対率0%”の鬼門

◆【血統傾向】中山で覚醒する単回収値「350」の配合 前走惜敗も“人気落ち”の穴馬とは

◆【脚質傾向】先行が圧倒的有利も 注目すべきは上がり3F

◆【前走ローテ】最多6勝の日本ダービー組が本命も 注目したい穴馬候補とは

◆【動画プレーバック/セントライト記念2021】1番人気タイトルホルダーを破り、9番人気アサマノイタズラが外から差し切って重賞初勝利

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします