【神戸新聞杯2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

第70回神戸新聞杯(GII、芝2200m)の枠順が23日、JRAより発表された。

前走・日本ダービーで5着に入ったプラダリアは7枠14番、全7戦で馬券に絡んでいるヴェローナシチーは3枠5番、無傷の2戦2勝のパラレルヴィジョンは6枠11番、2走前の京都新聞杯をレコード勝ちしたアスクワイルドモアは8枠16番、前走・ラジオNIKKEI賞3着からの巻き返しを狙うサトノヘリオスは5枠9番に入った。

今年も昨年に引き続き中京開催。ここでは、過去10年の中京芝2200mの3勝クラス以上を条件に「枠順・騎手データ」を分析していく。

◆【神戸新聞杯2022】調教動画&参考レース

◆【神戸新聞杯2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【神戸新聞杯2022】過去10年の前走レースから読み解く狙うべき馬とは

◆【神戸新聞杯2022予想/人気&血統傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【神戸新聞杯2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【動画プレーバック/神戸新聞杯2021】2番人気ステラヴェローチェが直線で末脚を繰り出し不良馬場で重賞2勝目を挙げる

■枠順傾向・騎手別成績

※グラフが表示されない場合はこちら

最多4勝が1枠、7枠、8枠

リカンカブールボルドグフーシュが入った1枠は勝率18.2%とトップの数値だ。
 ⇒GIIクラスでの優勝は2020年の神戸新聞杯で1番人気コントレイルのみ。

ビーアストニッシドプラダリア7枠に入った。
 ⇒同枠に3番人気以内に推された馬が入った場合、【2.1.2.3】勝率25.0%、連対率37.5%、複勝率62.5%と数値が跳ね上がる。また、良馬場では【2.1.3.24】だが、それ以外では【2.1.3.2】勝率25.0%、連対率37.5%、複勝率75.0%と数値が跳ね上がる。当日の天気は晴れの予報だが、もし崩れた場合には馬場状態は確認しておきたい。

アイキャンドウイッアスクワイルドモアサンセットクラウドが入った8枠が連対率トップとなる21.6%だ。

同コースを得意とする騎手

※中京芝2200mの3勝クラス以上を条件で出走する騎手の成績(グラフの2ページ目)を見たところ全体的に鞍数が多いとは言えなかった。そのため、条件を中京芝2200mに広げたデータ(グラフの3ページ目)を基にすることにした。

・最多となる11勝を挙げているのが、リカンカブールに騎乗する藤岡康太騎手だ。
 ⇒昨年の本レースでは、5番人気レッドジェネシスで2着に入っている。しかし、同コースのレースで2桁人気の馬を馬券圏内に導いたことは無い。

・騎乗数は少ないが好成績を収めているのが、パラレルヴィジョンに騎乗するC.ルメール騎手だ。
 ⇒24鞍のうち7番人気と4番人気に1鞍ずつ騎乗し、残りの22鞍は全て3番人気以内となっていた。気になるのが、関西馬しか1着に導けていない点だ。今回騎乗するのが関東馬なだけにヒモとするのが無難かもしてない。

オールカマー2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】過少評価されている実績馬 「持ち前のパワーと持久力で地力勝負へ」

◆【穴馬アナライズVol.2】惜敗続く“人気落ち”の妙味 「波乱の立役者になる可能性は十分」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“20倍”前後の惑星 高配当を届ける素質馬とは?

◆【危険な人気馬】想定1人気の三冠牝馬は“消し”評価 復調気配も「付け入る隙がある」

▼データ予想
◆【騎手データ】「堅軸」は条件合致で“複勝率100%”の美浦名手 気になる松山弘平の評価は?

◆【データ攻略-前編】驚異の「100%」が後押し 有力馬にデータ面の死角なし

◆【データ攻略-後編】想定10人気前後に馬券内率“8割”超え 「馬場適性も文句なし」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】重賞未勝利の中穴候補を「A」評価 「気迫とラストの鋭さは素晴らしい」

◆【追い切り診断】デアリングタクトを上回る最高評価「S」 絶好の調教内容で「明らかに前走時以上」

◆【追い切り診断】前走快勝した人気一角の有力馬に「B」評価 「万全には一歩手前か」

◆【追い切り診断】実績トップの有力馬を高評価 GIIを走るには「申し分のない態勢だ」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気馬が“馬券圏内率100%”に条件合致 三冠牝馬デアリングタクトは6枠8番

◆【血統傾向】注目は復活の兆しを見せた前走3着馬 レース相性抜群な単回収値「260」の配合

◆【脚質傾向】圧倒的に有利な先行 上がり3Fから読み解く注目馬とは

◆【前走ローテ】宝塚記念組の三冠牝馬に追い風 馬券圏内への好走条件とは

◆【動画プレーバック/オールカマー2021】2番人気ウインマリリンが1枠からロスなく道中を内ラチ沿いに走り重賞3勝目

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします