【W杯】五輪銀メダル女子代表、初戦快勝も「理想的なゲームではなかった」と恩塚亨HC

W杯初戦、左から平下、ひとり挟んで渡嘉敷来夢、オコエ桃仁花(C)Getty Images

バスケットボール女子ワールドカップ2022は22日、オーストラリアのシドニーで開幕。東京五輪銀メダル日本代表は1次リーグB組でマリと対戦し、89-56で初戦快勝した。

◆【日本代表】バスケ女子、22日に開幕 髙田真希主将「目標は金メダル」

点差ほど容易な戦いではなかった。東京五輪銀メダルで世界ランク8位の日本に対し、マリは同37位と格下。しかし序盤、相手のフィジカルに圧倒され、リバウンドを許し速攻から失点する場面が多くみられた。

第1クォーターを21-18の僅差で終了。しかし、その危機感からか、第2クォーターでは五輪でも高い成功率を見せた3ポイント・シュートを軸に走り出す。このクォーターだけ26-11と実力通り、ダブルスコア以上の点差をつけ、終わってみれば33点差。3ポイントの成功率も43%とまずまず、結果から見れば快勝だった。

弱冠20歳、最年少の平下愛佳が両チーム最多となる17得点。五輪で活躍したシューター東藤なな子も14得点と上々の仕上がりを見せた点は収穫だろう。だが、女子代表の恩塚亨ヘッドコーチは「世界選手権(現W杯)一戦目の難しさがあった。私たちの理想的なゲームではなかった」と反省ばかりを口にしたほど。この課題を解決し23日に行われる同10位セルビア戦に向け修正を図りたい。

銀メダル・チームにとって、目指すは金メダルのみである。

◆【NBA】渡邊雄太がブルックリン・ネッツと契約 デュラント、アービングと共闘

◆【Wリーグ】元日本代表、中川聴乃理事らが湖池屋のバスケ教室を指導 五輪銀メダルで関心高まり「教えがいあった」

◆【NBA】ビル・ラッセルの背番号を全チームで永久欠番に 「バスケ界のベーブ・ルース」とコミッショナー

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします