Advertisement

【超RIZIN】朝倉未来、メイウェザー相手に“大健闘”も悔しいKO敗戦 強烈右カウンター一撃で決着

第4試合:フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来(C)RIZIN FF
第4試合:フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来(C)RIZIN FF

The Battle Cats presents 超RIZIN(スーパーライジン)」が25日、さいたまスーパーアリーナで開催され、ボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー朝倉未来によるエキシビジョンマッチが行われた。

◆【実際のKOシーン映像】メイウェザーの技術が詰まった衝撃のKOシーン……大健闘の朝倉未来を沈めた決定的瞬間

■朝倉は大健闘もまさかの一撃決着

第4試合:フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来(C)RIZIN FF

規格外の行動と圧倒的な実力を誇る世界的なレジェンドと、RIZINを中心にリングの内外で話題を振りまく“路上の伝説”がついに拳を交えた。試合はスタンディングバウトルール(3分、3ラウンド)のスペシャルエキシビジョンマッチとして実施。注目の一戦は14時半前に火蓋が切って落とされた。

Advertisement

試合序盤から緊張感をまとった両者が冷静に様子を見る展開に。天心戦に比べて“真剣味”が増したようなメイウェザーに対して、朝倉が左ボディを繰り出し会場が沸く場面もあり、その後も左フックで仕掛けていく。メイウェザーも応戦するが、朝倉は冷静に見切るなどしっかり反応。1ラウンドが終わると朝倉は笑顔を見せ、手応えを掴んだ様子。

Advertisement

第2ラウンドも朝倉は攻める姿勢を崩さないが、メイウェザーの45歳とは思えないフットワークが光る。メイウェザーはノーガードでジリジリと距離を詰めプレッシャーをかけると、朝倉も強打で応酬。メイウェザーも笑顔を見せる。このまま試合は第3ラウンドに突入かと思われたが、終了のゴングとほぼ同時にメイウェザーの右フックがカウンター気味に炸裂。ジャストミートではなく朝倉も何とか立ち上がるが、ここで試合続行は不可能と判断され勝負あり。想像以上の善戦を見せた朝倉だが、メイウェザーが一振りで勝利を掴んだ。

試合後、マイクを取ったメイウェザーは「日本に感謝したい。信じられない国、素晴らしい人々。朝倉選手にも拍手をお願いします。今回呼んでいただきありがとうございます、私は戻ってきます」とコメントした。

Advertisement

◆【実際のKOシーン映像】朝倉未来、大健闘も本気のメイウェザーの前に散る…メイウェザーの技術が詰まった衝撃のKOシーン

◆メイウェザーが神対応 試合直前、場内騒然のハプニング 花束を投げ捨てられる

◆KO勝ちのメイウェザー 朝倉の挑戦を称賛「朝倉選手に拍手を送って下さい」

第4試合:フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来(C)RIZIN FF

文・工藤愛梨(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします