【MLB】大谷翔平、189キロ弾丸適時二塁打で自己最長18試合連続安打 エ軍は連勝7でストップ

自己最長の18試合連続安打を放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports
自己最長の18試合連続安打を放った大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は3日(日本時間4日)、敵地で行われたオークランド・アスレチックス戦に「3番DH」で先発出場。5回の第3打席に右中間へのタイムリー二塁打を放った。

◆【実際の映像】大谷翔平、右中間への189キロ弾丸二塁打 実況も「アメージング」と絶賛の18試合連続安打

■チームに3点目をもたらす

終盤にかけて安定してヒットを重ねる大谷が、この日もその打棒を見せつけた。

5回の第3打席に相手先発のエイドリアン・マルティネスの2球目のシンカーを強振し、打球は速度117.2マイル(約189キロ)のボールで右中間へと転がる二塁打に。ランナーをホームに返し今季の打点数を95に伸ばし、エンゼルスに3点目をもたらした。

前日に並んでいたキャリア最長の連続試合安打数を「18」に伸ばした大谷は、4打数1安打1打点1四球で打率.275。試合はエンゼルスが最終回に追いつかれ延長戦に突入し、4-5で敗れ連勝が7でストップした。

残り試合数は2となり、打者としてはあと1に迫る2年連続の35号と、5に迫った100打点達成。投手としては最終戦に予定されている先発登板で、あと1イニングに迫る規定投球回到達に挑む。

◆【実際の映像】大谷翔平、右中間への189キロ弾丸二塁打 実況も「アメージング」と絶賛の18試合連続安打

◆大谷翔平、来季「40本塁打40盗塁20勝でも驚かない。可能性は無限大」とエ軍指揮官から絶大な信頼

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします