【スポーツビジネスを読む】ソフトバンクのスポーツ・ソリューションを牽引するサービス企画本部・原田賢悟本部長 後編 目指すは『スターウォーズ』の世界観

米カリフォルニア州ディズニーランドのアトラクションに出現する“レイ”のホログラム (C) Getty Images

ソフトバンクがスポンサーをつとめるバスケットボールのBリーグ、バスケ男子日本代表、プロダンスのDリーグでは、最新のテクノロジーを駆使したソリューションの提供が目立つ。

◆ソフトバンクのスポーツ・ソリューションを牽引するサービス企画本部・原田賢悟本部長 前編 求人誌『B-ing』から始まった携帯電話を巡る旅

■Bリーグの人気醸成に取り組む

5G本格稼働を翌年に控えた2019年のバスケ日本代表戦では、5Gネットワークを活用した新たなスポーツ観戦を創出した。VR技術やAR技術、高圧縮・リアルタイム映像伝送技術などを活用、4K大画面による迫力映像を中心に据えつつ、臨場感を生み出すことに成功した。また、バスケ高校日本一を決める最高峰の大会であるウインターカップにおいてはAI技術を活用し、ライブ動画から選手位置情報を可視化するなど、スポーツ界における新たな観戦スタイルに向けてのチャレンジを行っている。

また、コロナ禍にあった2021年Bリーグ開幕戦では、沖縄アリーナにて顔認証を活用し、空港からの交通や館内への入退場、フード・ドリンクの提供など、手ぶらで観戦ができる体験も提供し、スポーツの新しい観戦方法に向けても準備を進めている。

こうした新体感の提供には、バスケというコンテンツが影響している。Bリーグがスタートしたのは2016年。野球、サッカーに次ぐ人気スポーツと言っても、プロとしての歴史はない。よってスポンサー企業としても、バスケットボールの隆盛、Bリーグの人気醸成は、これから取り組むべきテーマだった。

これについてソフトバンク株式会社サービス企画本部・原田賢悟本部長は「Bリーグ・スポンサーの一員として、Bリーグの盛り上がりに貢献できるよう、その時世に合わせた最新のテクノロジーを次から次に提供して、メディアでの露出、スポーツ面だけではなく、経済面などでも取り上げていただけるようにしていく事が重要と考えているし、バスケットと最新テクノロジーの相性は非常に良いと感じている」とテクノロジーとバスケの相性の良さをうまく活用して、スポーツ面以外での宣伝効果を見込んでいることを明かしている。

日常生活においてまだまだ5Gの恩恵を受けていると体感する機会は少ない。しかし2020年に実用化された5Gを使用し、新しいソリューションを作り上げていく作業は、各通信会社にとっては大きな命題だった。

大容量低遅延という特性を持つ5Gについて、ソフトバンクはライブ配信と相性が良いと踏み、正式ローンチに向け他通信会社の例に漏れず社内での各種研究は進めていた。ここで、やはりグループ内に福岡ソフトバンク・ホークスというスポーツの人気コンテンツを保有していた利点は大きく、「まずはスポーツの新しい見せ方から入ってみよう」という方針が決まったのは自然な流れだろう。

スポーツ界における新たな観戦スタイルに向けてのチャレンジを語る原田本部長 撮影:SPREAD編集部

「大容量の映像を制作すると、どうしても“箱物”にカメラを設置する必要があります。5Gの実験という点でも、幸いPayPayドームを自社で持っていますから、バスケの体育館のような足かせもありません。実証実験には助かりました」とそのアドバンテージを認める。

2017年、ホークス対横浜DeNAベイスターズの日本シリーズ第2戦7回裏一死満塁の場面、ソフトバンクの中村晃が放ったレフト前ヒットでホームに飛び込んだ2塁ランナー今宮健太の判定はアウト。しかし、リプレー検証の結果、セーフとなる。この時、セーフが明らかになった映像は天井に設置されたカメラによる360度の自由視点映像だった。野球好きなら、記憶している方も多いだろう。

【実際の映像】


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします