【AR共和国杯/データ攻略】テーオーロイヤルに勝率“7割超”の追い風 「大きなアドバンテージ」

今週は東京競馬場でアルゼンチン共和国杯(GII、芝2500m)が行われる。昨年の勝ち馬オーソリティはその次走ジャパンCで2着。数々のGI好走馬を輩出するJRA重賞屈指の出世レースだ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてテーオーロイヤルを取り上げる。

◆【アルゼンチン共和国杯2022予想/データ攻略】キラーアビリティに馬券内率“5.0%”の壁 「慎重なジャッジが必要」

■勝率75.0%の強力データ

今年に入り、ダイヤモンドS勝利、天皇賞・春3着と充実期を迎える1頭。その実績ゆえトップハンデでの参戦かつ前走オールカマーの敗戦が気になるところだが、以下に記す強力なデータが追い風となりそうだ。

・芝2500m以上の重賞勝ちがある4歳馬【3.0.0.1】

該当馬はフェイムゲーム、シュヴァルグラン、オーソリティ。オーソリティを除く2頭はいずれも3000m超の重賞勝ちと高いステイヤー適性を示していたが、アルゼンチン共和国杯においてその特徴は大きなアドバンテージとなる。

その背景として挙げられるのが、東京芝2500mという舞台設定。2度の坂越えとなる当舞台は中距離色の強い馬がこなせる条件ではなく、アルバートのようなステイヤーズSの常連による好走もあった。強豪相手に培ったスタミナを武器に、2度目の重賞タイトルを手にする可能性は十分だ。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略】キラーアビリティに馬券内率“5.0%”の壁 「慎重なジャッジが必要」

◆【データ攻略】同条件「0.5.1.1」の想定“15人気” 「重賞で馬券外が続くも……」 

◆【データ攻略】馬券内率“8割超”条件の伏兵 「舞台替わりに活路を見出す」

◆【騎手データ】条件合致で驚異の連対率100% 東の名手に“鉄板”傾向

アルゼンチン共和国杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】キラーアビリティと並ぶ「A」評価の伏兵 「勝ち負けの走りがあっても驚けない」

◆【追い切り診断】気配が上がらない実力馬に不満の「B」評価 「夏の疲れが尾を引いている」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 「実戦想定の予行演習はほぼ完璧」

◆【追い切り診断】「S」評価は能力をフルに出せるデキ 「前走は次を見据えた仕上げだった」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】想定“8人気”前後の惑星 「一発の匂いがプンプンと漂う」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気以上”の爆穴 「高配当を届ける下地は揃った」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「この条件なら“再現”できる」

◆【危険な人気馬】馬券内率100%データでも“消し” 「妙味なく不安材料が多い」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】テーオーロイヤルとキラーアビリティは馬券内率16.7%の3枠 穴馬激走の好枠に警戒

◆【血統傾向】GI大敗で想定オッズ“2桁”の伏兵、馬券内率「7割超」の条件で急浮上

◆【脚質傾向】逃げ・追込は勝率0% キラーアビリティは折り合い専念なら危険

◆【前走ローテ】オールカマー組が最多2勝も、過去13頭が馬券に絡む“買い”条件

◆【動画プレーバック/アルゼンチン共和国杯2021】人気に応えてオーソリティがトップハンデながら2馬身半差をつけて連覇を達成

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022アルゼンチン共和国杯-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします