【ラ・リーガ】ビジャレアルCF・佐伯夕利子さん 前編 人口5万人の“田舎街”にサッカークラブが根付く理由「フットボールだけでは得られないもの」

 

【ラ・リーガ】ビジャレアルCF・佐伯夕利子さん 前編 人口5万人の“田舎街”にサッカークラブが根付く理由「フットボールだけでは得られないもの」
ビジャレアルのU19やレディースの監督として指揮した佐伯夕利子さん 写真:本人提供

佐伯夕利子さんは、18歳でスペインに渡って以来サッカー指導者の道に進み、欧州における日本人指導者のパイオニアとしての道を切り開いてきた。2003年にはJFAのS級ライセンスにあたる「NIVEL III」に合格。その後スペイン3部のプエルタ・ボニータアトレティコ・マドリードバレンシアCFなどでキャリアを築き、2008年からビジャレアルに在籍している。

スペインの現場で長年育成やチーム強化に携わってきた佐伯さんに、これまでの経験も踏まえながらビジャレアルの内情について聞いた。そこには、成功したスモールクラブの代表格として挙げられるこのチームが支持される確かな理由があった。

佐伯夕利子(さえき・ゆりこ)

●ビジャレアルCF、Jリーグ元常勤理事、WEリーグ元理事

スペインサッカー協会ナショナルライセンス。UEFA Proライセンス。03年スペイン男子3部リーグの監督就任。04年アトレティコ・マドリード女子監督、育成副部長。07年バレンシアCF強化執行部に移籍、国王杯優勝。08年ビジャレアルCFと契約、U19やレディース監督を歴任。18〜22年Jリーグ特任理事、常勤理事。著書に『教えないスキル 〜ビジャレアルに学ぶ7つの人材育成術〜』(小学館)

◆【スポーツビジネスを読む】公益社団法人日本プロサッカーリーグ佐伯夕利子・元理事 前編 「サッカーで生きる」と決意するまで

■21世紀に生まれたスポーツ産業

スペインのバレンシア自治州にあるビジャレアルは、人口5万人の小さな街。19世紀にはオレンジ、20世紀にはセラミックタイルで発展してきたが、周辺都市と比べると産業に乏しく、過疎化が進み、放っておくと消え去ってしまうような地域だという。

そんな街で21世紀に生まれたのがスポーツ産業。人々が幸せな生活を営むにあたり不可欠な、経済を発展させ、街を活性化させる存在として小さな自治体の役割を担ってきたのが「ビジャレアルCF」。

元アルゼンチン代表MFのフアン・ロマン・リケルメや、セレッソ大阪でもプレーした元ウルグアイ代表FWのディエゴ・フォルランらを擁し、2000年代後半にかけて日本のサッカーファンの間でも存在が知られるように。最近では日本代表MF久保建英が2020-21年シーズンに半年間在籍した。

ビジャレアルで将来のスペイン代表の育成や、ユースAチームのコーチングスタッフ、レディースチームの監督などを務めてきた佐伯さんは、「我々はフットボールをする人たちだけに意識が向いているのではなく、クラブを通じて自治体や行政が手の届かないところにも公共財として浸透しています。波及力、伝播力というのが圧倒的にあります」と、街に根付くクラブとしての役割を果たしてきたと自負する。

Advertisement


■それぞれ異なるラ・リーガのチームカラー

佐伯さんはビジャレアル在籍以前に、アトレティコで女子チームの監督やスカウティングに関わり、バレンシアでは、強化執行部のセクレタリーとしても活躍してきた。

アトレティコの特徴について、「スペイン首都にあるのが大きい。マドリードという首都にあって階級層によってレアル・マドリード派がいたり、アトレティコ派がいたり、ラージョ(・バジェカーノ)派がいたり。そうした階級の傾向というのが反映しています。

あとは動かす力、母数が圧倒的に違うので、同じサッカークラブといえどもこんなに違うのかと思うくらい動員力が違うと思います」と語り、地域による特性と、クラブとしての規模に違いが見られると説明する。

また、バレンシアについてはファンからのプレッシャーの差が大きいと話し、「とにかく自分のチーム、選手、監督…。自チームに対してものすごく厳しいクラブで、そういうクラブはスペイン国内ではなかなかない。

この人たちはなんで自クラブ、選手に対して不満を持っているのにずっとソシオ(クラブ会員)で年間シートを買い続けているんだろう。何が楽しくて自分のクラブを応援しているんだろう、というのはとてもクエスチョンマークがついた面白い体験でした」と当時を回想し、その後在籍したビジャレアルでは、ブーイングや暴言を吐くといった文化がないと違いを明かした。

アトレティコ・マドリード女子監督、育成副部長を歴任してきた佐伯夕利子さん 写真:本人提供