【ラ・リーガ】ビジャレアルCF・佐伯夕利子さん 後編 日本サッカー界に突きつけられる課題とスペインの環境から見えたリアル「少数で物事は変わらない」

 

【ラ・リーガ】ビジャレアルCF・佐伯夕利子さん 後編 日本サッカー界に突きつけられる課題とスペインの環境から見えたリアル「少数で物事は変わらない」
佐伯さんはスペインでの経験をもとに日本の置かれた環境について語ってくれた(写真はスクリーンショット)

前編ではビジャレアルCFを中心としたラ・リーガのクラブについて話を伺ったが、30年以上にわたりスペインで過ごしてきた佐伯夕利子さんから見える日本サッカー界の環境はどう異なるのか。そして日本の将来はどうなのか。

2018年から4年間にわたりJリーグの理事(2018年~特任理事、2020年~常勤理事)も務めてきた佐伯さんに、指導者目線から見た日本のサッカーの現在地とこれからについて、スペインの環境を踏まえながら聞いた。

◆ビジャレアルCF・佐伯夕利子さん 前編 人口5万人の“田舎街”にサッカークラブが根付く理由「フットボールだけでは得られないもの」

■「包括的な環境」の大切さ

日本人選手とスペイン人選手の違いとは――。

この疑問に対しての答えはひとつではないだろうが、日本で頻繁に用いられるのが「個人戦術」という言葉。パスやトラップ、シュートといったサッカーにおける個人技術をベースに、試合の局面において、攻撃時のマークを外す動きや、守備時のポジショニング、プレスのかけ方など…。

各々の判断力や認知力が求められる一つひとつの質がスペイン人選手は長けており、効果的なプレーができるという見方がされる。

この概念について佐伯さんは、「日本のサッカー界って言葉を作るのが好きですよね。私の中で漢字は読めるし、言葉もなんとなく理解できるんですが、しっくりイメージが湧かなくて」と前置きしつつ、スペイン人選手は日ごろから「包括的な環境」に身をおいていることが両国の差として大きいと指摘する。

■変化してきたスポーツの視聴環境

「日本はフットボールを包括的に理解する環境に身をおくことが提供されていない中で、部分的に与えられているイメージはあります。

フットボールというのはお父さんやおじいちゃん、おじさんやおばさん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、周りの大人たちが、『今の監督はこうだ!』『監督の交代ミスだ!』と、話しているものを理解していくわけじゃないですか。そこに“学習”が生まれる。その学習機会というものがやはりこちら(スペイン)の子の方が多様であり豊かであると思います」。

Advertisement


佐伯さんは、サッカーの世界で包括的な環境に身をおくために、昭和期に家族で1つのテーブルを囲み、一家だんらんしていたような「雑談力が高い場所」の重要性を説く。

これは日本、スペインも同様の課題だが、現代はテレビでのスポーツ中継が減少し、サブスクリプションサービスやSNSで「好きなものを好きな時だけ見る」という環境に変わってきた。

子どもたちがアクセスしたい情報に最短距離でリーチできる反面、物事を限定的にみる習慣がつき、人々がサッカーを深く、広く、多様に理解する行為に制限がかかるリスクを伴うと警鐘を鳴らす。