【WRC】ラリージャパン2022 開催概要・日程・放送予定・結果一覧

見事な紅葉の中を疾走するトヨタのエバンス (C) TGR
見事な紅葉の中を疾走するトヨタのエバンス (C) TGR

2022年FIA世界ラリー選手権WRC)第13戦「ラリー・ジャパン」は10日から13日まで、豊田市豊田スタジアムにサービスパークを置き、愛知県・岐阜県にわたって12年ぶりに開催される。

すでにドライバーズ・タイトル、マニュファクチャラーズ・タイトルを獲得しているTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamにとっては、初の凱旋レース。12年ぶりに日本で開催されるWRCイベントで、今シーズン8回目の優勝と、ホームラリー制覇を目指す。

勝利のシャンパン・ファイトを楽しむロバンペラ©TOYOTA Gazoo Racing

【WRC】ラリージャパン、エントリーリストを発表 トヨタ凱旋レースでロバンペラが魅せるか

12年ぶりに日本にこの光景が帰って来る (C) TGR

ラリーの中心となるサービスパークは、「豊田スタジアム」に置かれ、ステージは愛知県豊田市、岡崎市、新城市、そして岐阜県の中津川市、恵那市に設定されている。ラリージャパンのステージは、岡崎市の河川敷の一部区間を除けば全てターマックであり、山岳地帯の一般道が大部分を占める。山岳地帯の道は全体的に道幅が狭く、ツイスティなコーナーの連続で、かなりテクニカルなステージ。一方で、道幅が広く、緩やかな中高速コーナーが続くセクションもあり、ドライバーは速度とリズムの変化に、上手く対応しなければならない。また、木々に囲まれている山岳地帯の道は、秋季は落ち葉や落ち枝が多くあり、それが路面のグリップ変化の要因となると予想される。さらに、11月の山間部は特に早朝気温が非常に低くなるため、路面温度が上がらず、タイヤのグリップを得るのが難しい。

■注目の参戦ドライバー紹介

【WRC】ラリージャパン2022 注目の参戦ドライバー紹介/Vol.3『勝田貴元』

【WRC】ラリージャパン2022 注目の参戦ドライバー紹介/Vol.7『カッレ・ロバンペラ』

【WRC】ラリージャパン2022 注目の参戦ドライバー紹介/Vol.2『エルフィン・エバンス』

【WRC】ラリージャパン2022 注目の参戦ドライバー紹介/Vol.4『セバスチャン・オジエ』

【WRC】ラリージャパン2022  注目の参戦ドライバー紹介/Vol.5『ティエリー・ヌービル』

【WRC】ラリージャパン2022 注目の参戦ドライバー紹介/Vol.6『オット・タナク』

【WRC】ラリージャパン2022 注目の参戦ドライバー紹介/Vol.1『クレイグ・ブリーン』

■Day 1 ー デイ1

ラリー・ジャパンのメイン会場・豊田スタジアム 撮影:SPREAD編集部

【WRC】12年ぶりのラリージャパン本日開幕 ロバンペラとトヨタは凱旋優勝なるか(SSコース図)

ラリージャパン・コース全図 (C)ラリージャパン

ラリーは10日午前に豊田市の鞍ケ池公園でシェイクダウンが行われ、その後夕方からデイ1として競技がスタート。シェイクダウンのステージのほぼ逆走となるSS1「クラガイケ・パーク」が、ナイトステージとして開催される。

シェイクダウン 9時スタート

セレモニアルスタートでファンに手を振るロバンペラ(右から2番目)とコ・ドライバーのハルットゥネン 撮影:SPREAD編集部

【WRC】ラリージャパン、豊田スタジアムでのセレモニアル・スタートで開幕

「表彰台を狙う」と宣言するトヨタの勝田貴元 撮影:SPREAD編集部

【WRC】12年ぶりラリージャパン シェイクダウン9位の勝田貴元「もちろん表彰台を狙う」

ラリー 17時スタート

ラリージャパン初日、ナイトセッションでもトップタイムをマークしたトヨタのでセバスチャン・オジエ (C) TGR

【WRC】ラリージャパン、ホーム開催もトヨタ勢苦戦 初日好調はオジエのみ

午前のシェイクダウンで鞍ヶ池公園コースを疾走するセバスチャン・オジエのヤリス (C) TGR

【WRC】ラリージャパン、初日は前年王者トヨタのセバスチャン・オジエが暫定首位

SS前、豊田スタジアムで記者会見に出席した新井敏弘 撮影:SPREAD編集部

【WRC】ラリージャパン、初日SS1で新井敏弘がクラッシュ 搬送か…

■Day 2 ー デイ2

セレモニアルスタートでファンに手を振るロバンペラ(右から2番目)とコ・ドライバーのハルットゥネン 撮影:SPREAD編集部

【WRC】ラリージャパン、デイ2は4日間中最長ステージを走破する山場(SSコース図)

11日のデイ2から山岳地帯での本格的なステージが始まる。愛知県豊田市および設楽町で「イセガミズ・トンネル」、「イナブ・ダム」、「シタラ・タウン R」という3本のSSを、ミッドデイサービスを挟んで各2回走行。6本のSSの合計距離は130.22kmに達し、全SSの走行距離の半分近い距離を一日で走り切る。

ラリー 5時30分スタート

WRC公式サイトより

【WRC】大波乱のラリージャパン・デイ2、トヨタのエバンスが堅実に総合首位をキープ

ラリージャパン2日目のSS2で炎上するソルドのヒョンデ WRC公式サイトより

【WRC】大波乱のラリージャパン、クラッシュ、大火災のサバイバルに 「何があったのかまったく分からない」と昨季王者のオジエ

【WRC】ラリージャパンはSS4、SS7も中止 2日目にしてサバイバル状態。ソルド、ブリーンがリタイア。オジエも遅れる

ソルドが駆る同型のヒョンデ車 撮影:SPREAD編集部

【WRC】大波乱のラリージャパン、ダニ・ソルドのヒョンデが大炎上 SS2、SS3ともにキャンセル

WRC 第13戦ラリー・ジャパン

■Day 3 ー デイ3

12日のデイ3は、愛知県の豊田市、岡崎市、新城市で「ヌカタ・フォレスト」「レイク・ミカワコ」「シンシロ・シティ」「オカザキ・シティ SSS」という4ステージ、全7SSを走行。そのうちSS10シンシロ・シティのみ、1本だけの走行。また、一日の最後に岡崎市中心部の河川敷で行われるSS13/14オカザキ・シティ SSSは距離が1.40kmと短く、2本連続での走行に。ステージの一部区間はグラベルとなる。

地元の歓声が勝田貴元を後押しするか (C) Getty Images

【WRC】ラリージャパン・デイ3 果たして波乱は続くのか 観客の声援が後押しする岡崎市街地SSSも

ラリー 5時50分スタート

凱旋ラリーで首位を明け渡したエバンス 最終日の逆襲は… (C) TGR

【WRC】ラリージャパン・デイ3 首位はティエリー・ヌービル トヨタ勢の逆襲を待つ最終日へ

ラリージャパン2022 デイ3で首位に立ったティエリー・ヌービル (C) Getty Images)

【WRC】ラリージャパン・デイ3、トヨタ勢首位陥落 ヌービルがトップで最終日へ

首位を堅守するトヨタのエバンス (C) TGR

【WRC】ラリージャパン・デイ3 王者ロバンペラ脱落、エバンスは首位キープ 勝田貴元は4位浮上

■Day 4 ー デイ4

ラリー最終日となる13日のデイ4は愛知県と岐阜県が舞台となり、SS15/19「アサヒ・コウゲン」、SS16/18「エナ・シティ」、SS17「ネノウエ・プラトー」という5本、合計69.82kmのステージを走行。そのうち、最終ステージのSS19はトップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーに、ボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されている。ステージは全部で19本、その合計距離は283.27km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は965.25kmとなる。

最年少王者として凱旋優勝が期待されたロバンペラだったが…デイ3・SS14 撮影:たまさぶろ

【WRC】ラリージャパン最終日デイ4 12年ぶりの日本開催、栄冠に輝くのは果たして…

ラリー 6時30分スタート

ラリージャパン最終日、凱旋ラリーで表彰台圏内に浮上した勝田貴元のトヨタ車 撮影:たまさぶろ

【WRC】ラリージャパン・デイ4、最終日にトヨタ勝田貴元が表彰台圏内に浮上 ヒョンデ勢が1-2

パワーステージ 14時18分スタート予定

見事、3位獲得し、前年王者のオジエに抱えられるトヨタの勝田貴元 (C) TGR

【WRC】最終戦ラリージャパン2022  勝田貴元が歓喜の表彰台、トヨタには悔しい母国凱旋

ラリー・ジャパン、セレモニアル・フィニッシュで優勝の喜びを爆発させるヌービル組とヒョンデ・チーム 撮影:SPREAD編集部

【WRC】12年ぶり開催のラリージャパン トヨタの勝田貴元が表彰台、優勝はヌービル

表彰式 17時予定

見事3位となりセレモニアル・フィニッシュで地元の声援に応える勝田貴元(右から2番目)とアーロン・ジョンストン(左) 撮影:SPREAD編集部

【WRC】ラリージャパン2022 3度目の表彰台獲得、トヨタの勝田貴元が「もっと自信をつけ来年はリベンジ」と決意表明

■12年ぶりラリージャパンの課題

スーパーSS遅延によりスタート前に数珠つながりとなったマシンと思い思いに談笑するドライバーたち 撮影:SPREAD

【WRC】12年ぶり開催のラリージャパン、車両炎上、コース進入…大波乱に見るその義務と課題

ラリージャパン2022メイン会場となった豊田スタジアム 撮影:SPREAD編集部

【WRC】ラリージャパン2022、大会運営に深刻で危険な状況多発 一般車に続き自転車も進入

■ラリージャパン回顧録

日本初開催のWRCラリージャパンで、スバルに地元勝利をもたらしたソルベルグ(C)Getty Images

【スポーツ回顧録】ラリージャパン閉幕にまつわる2つの歴史的出来事 ローブ戴冠とカルロス・サインツの引退

第1回 ラリージャパンを制したペター・ソルベルグ(右)とコ・ドライバーのフィル・ミルズ(左) (C)Getty Images

【スポーツ回顧録】ラリージャパン日本初開催、日常に轟き降りた非日常の衝撃的走り

■中継情報

テレビ :Jスポーツ3
11月10日9:00-11:00 シェイクダウン
11月10日16:20-20:00 SS
11月11日7:00-18:00 SS
11月12日7:00-18:00 SS
11月13日7:30-17:00 SS

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします