Advertisement

【WRC】12年ぶりラリージャパン シェイクダウン9位の勝田貴元「もちろん表彰台を狙う」

「表彰台を狙う」と宣言するトヨタの勝田貴元 撮影:SPREAD編集部
「表彰台を狙う」と宣言するトヨタの勝田貴元 撮影:SPREAD編集部

FIA世界ラリー選手権WRC)第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」10日、豊田市豊田スタジアムを中心に開幕し、9時からシェイクダウンが行われた。12年ぶりの大イベントを祝福するかのように秋晴れに恵まれる中、ドライコンディションのセッションで36台全車が走行した。

◆ラリージャパン2022 開催概要・日程・放送予定・結果一覧

■ラリーショーは17時スタート

トップタイムは2分4秒6のTOYOTA GAZOO Racingエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)。2番手はティエリー・ヌービル(ヒュンデi20Nラリー1)、3番手に同じくトヨタのセバスチャン・オジエがつけた。母国凱旋の勝田貴元は9番手。

Advertisement

10日午前、シェイクダウンの結果

午後の記者会見で地元開催となった勝田は「もちろん表彰台を狙います」と宣言。その上で「10年以上待った(ラリーに出場でき)幸せです。他のラリーよりももちろんプレッシャーを感じています。でも、プレッシャーは好き。特別に楽しみにしています」と興奮を表現。また、コースについても「ヨーロッパのコースと違いもあってすごく難しい。ツイスティーでカッティングもあり違うレベルのドライビングが必要」とその難易度を語った。

Advertisement

さらに「たくさんの方が移動中に旗を振って応援してくれて、散歩しているおじいさん、おばあさんが『一緒に写真撮って、応援してます』と言ってくれる。来年も再来年もよりいい大会にし、日本のモータースポーツの発展のためになるようにしたい。本当に感謝しています」と開催地への感謝も忘れなかった。

この後、16時から豊田スタジアムにおいてラリーショーが始まり開幕。セレモニアル・スタートを経て、17時から本戦がスタートする。

Advertisement

◆ラリージャパン日本初開催、日常に轟き降りた非日常の衝撃的走り

◆ラリージャパン閉幕にまつわる2つの歴史的出来事 ローブ戴冠とカルロス・サインツの引退

◆12年ぶり開催ラリージャパン 王者ロバンペラとトヨタがホームラリーでの優勝を目指す

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします