【ジャパンC2022予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画

 

【ジャパンC2022予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画

■レース詳細

2022年11月27日(日)15時40分発走
東京12R
第42回ジャパンカップ
3歳上・GI・芝2400m・定量

【ジャパンC】3番人気のヴェラアズールがG1初制覇

【ジャパンC】3番人気のヴェラアズールがG1初制覇

【ジャパンC/前日オッズ】ダノンベルーガとシャフリヤールの2頭が1人気 “2強”にヴェラアズールが続く

【ジャパンC/前日オッズ】ダノンベルーガとシャフリヤールの2頭が1人気 “2強”にヴェラアズールが続く

【ジャパンC/海外オッズ】ブックメーカー各社で仏オネストと独テュネスが高評価 1人気はダノンベルーガ

【ジャパンC/海外オッズ】ブックメーカー各社で仏オネストと独テュネスが高評価 1人気はダノンベルーガ

【ジャパンC週/記録室】ダノンベルーガ“6戦目V”なら、エルコンドルパサーとアーモンドアイ超え

【ジャパンC週/記録室】ダノンベルーガ“6戦目V”なら、エルコンドルパサーとアーモンドアイ超え

■ジャパンカップ2022出馬表

◆【枠順】2強は連対率わずか“4.3%”の7枠 注目は「2年連続連対」の好枠

→→→表の続きは右側へスクロール→→→

馬番馬名性齢斤量騎手厩舎
11シムカミル牡355.0G.ブノワ海外・S.ワッテル
12オネスト牡355.0C.ルメール海外・F.シャペ
23ヴェルトライゼンデ牡557.0D.レーン栗東・池江泰寿
24トラストケンシン牡757.0丸田恭介美浦・高橋文雅
35グランドグローリー牝655.0M.ギュイヨン海外・G.ビエトリーニ
36ヴェラアズール牡557.0R.ムーア栗東・渡辺薫彦
47テュネス牡355.0B.ムルザバエフ海外・P.シールゲン
48デアリングタクト牝555.0T.マーカンド栗東・杉山晴紀
59ユニコーンライオン牡657.0国分優作栗東・矢作芳人
510ハーツイストワール牡657.0武豊美浦・国枝栄
611カラテ牡657.0菅原明良栗東・辻野泰之
612シャドウディーヴァ牝655.0松山弘平美浦・斎藤誠
713テーオーロイヤル牡457.0菱田裕二栗東・岡田稲男
714ダノンベルーガ牡355.0川田将雅美浦・堀宣行
715シャフリヤール牡457.0C.デムーロ栗東・藤原英昭
816リッジマン牡957.0石川裕紀人地方・千葉幸喜
817ユーバーレーベン牝455.0M.デムーロ美浦・手塚芳人
818ボッケリーニ牡657.0浜中俊栗東・池江泰寿

■予想コラム一覧

データ傾向

◆【前走ローテ】馬券の中心は“秋天”組も、9年ぶり参戦の異例ローテに警戒

Advertisement


◆【脚質傾向】上がり最速はわずか“1勝” 4角5番手以内から押し切りが主流

◆【人気傾向】2年連続で「1+2+3人気」決着も、今年は“6人気”以下に警戒

追い切り

◆【追い切り診断】想定オッズ“20倍”超の伏兵を高評価 「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】シャフリヤールを上回る「S」評価 「まさに本格化」の充実期

◆【追い切り診断】“2強”の一角に辛口評価「B」 「物足りず、良くて平行線」

◆【追い切り診断】前走完敗のGI馬に高評価「A」 「ひと叩きで一気に良化」

データ攻略

◆【データ攻略】“10年連続”馬券内の事実 2強のうち1頭に漂う「勝負気配」

Advertisement


◆【データ攻略】連対率“8割”超でGI馬に下剋上 「国際レースで無類の強さ」

◆【データ攻略】前走惨敗の「隠れサウスポー」 “複勝率100%”が波乱を巻き起こす

◆【データ攻略】想定“10人気”前後に食指 「勝率7割」超えの好条件が追い風に

穴馬予想

◆【穴馬アナライズVol.1】前日“12人気”前後の爆穴 「人気落ちのここで重い印を打つべき」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の外国馬 「背景に陣営の色気がプンプンと漂う」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“20倍”以上の刺客 「照準を合わせたローテで一発の可能性」

◆【危険な人気馬】復活を期すGI馬は“消し” 「巻き返しの“匂わせ”材料は多いが…」

騎手データ

◆【騎手データ】堅軸も「3着固定で妙味あり」 条件合致で馬券内率“66.7%”の名手

血統予想

◆【血統傾向】想定“10人気”前後に追い風 馬券内率100%の好条件に合致

■関連ニュース

【ジャパンC】ダノンベルーガ レース史上最少キャリアVへ万全 堀師「予定通りの調教」

【ジャパンC】ダノンベルーガ レース史上最少キャリアVへ万全 堀師「予定通りの調教」

【ジャパンC】シャフリヤール 心技体上昇 調整ひと工夫で不安なく大一番へ

【ジャパンC】シャフリヤール 心技体上昇 調整ひと工夫で不安なく大一番へ

【ジャパンC】仏国馬グランドグローリー 昨年と雲泥の差「調教メニューが全く違う」

【ジャパンC】仏国馬グランドグローリー 昨年と雲泥の差「調教メニューが全く違う」

シャフリヤール、仕上がり順調 競馬ジャパンカップ最終追い切り

シャフリヤール、仕上がり順調 競馬ジャパンカップ最終追い切り

【ジャパンC】ハーツイストワール 国枝師、武豊の最強コンビが東京で輝く

【ジャパンC】ハーツイストワール 国枝師、武豊の最強コンビが東京で輝く

【ジャパンC】シャフリヤール 王座奪取だ 世代の頂点極めた舞台で巻き返す

【ジャパンC】シャフリヤール 王座奪取だ 世代の頂点極めた舞台で巻き返す

文●SPREAD編集部