【カタールW杯】日本代表、「ボランチ鎌田」の“プランB”採用の可能性は…… カナダ戦に挑む森保ジャパンの現状

日本の司令塔として存在感を高める鎌田大地(C)Getty Images

FIFAワールドカップ2022カタール大会の開幕が11月20日に迫っている。FIFAランク24位の日本は初戦のドイツ戦(同11位)を23日に控える中、17日にカナダ(同41位)と本大会前最後の強化試合を戦う。

◆長谷部誠、“同僚”鎌田大地の成長を評価「チームや監督から信頼」 カタールW杯へ向けても期待「中心として頑張って」

■36年ぶりW杯出場のカナダ戦が重要な理由

今大会が36年ぶり2度目のW杯出場となるカナダは、北中米カリブ海予選では、W杯出場の常連国でFIFAランク上位のメキシコ(13位)とアメリカ(16位)を抑え首位通過。英メディア『Goal』でも今大会のダークホースとして強く推されている。

戦力的にも、ドイツの絶対王者バイエルンで主力を担うアルフォンソ・デイビス、PSGが君臨するフランスリーグで伏兵リールにリーグ優勝をもたらしたFWジョナサン・デイヴィッドら、欧州トップリーグで活躍する若手が急増。「世界最高の左サイドバック」と評されるA・デイビスは、爆発的なスピードと攻撃力を活かして代表では前線で起用されることも多く、クラブとは異なる姿を見せる点も注目である。

また、本大会でF組のカナダが勝ち上がった際、決勝トーナメント1回戦では日本が入るE組を勝ち上がった国と対戦する。日本にとって史上初のベスト8入りを懸けた大一番の相手となる可能性もある。

そんなカナダ戦を前にMF遠藤航(シュツットガルト)がブンデスリーガ第14節のヘルタ・ベルリン戦で頭部を強打し、一時は意識を失うほどの状態に。幸い脳震盪以外に損傷などはなく、W杯出場には支障がないと見られる。絶対的な攻守の要である遠藤は、本番をにらんで出場を回避する可能性が濃厚。そんな中、チームとしては新たなオプションの形成も想定される。

■課題を克服しブンデス最高評価

具体的には、本来[4-2-3-1]のトップ下に入るMF鎌田大地のポジションを1列下げ、遠藤の定位置であるボランチで起用するプランだ。今季フランクフルトの公式戦で18試合に先発出場している鎌田、その内訳は、「ボランチ10、左サイド5、シャドー3」と、ボランチ起用の方が多くなっている。

鎌田は昨季までドイツメディア全体で、「守備面」と「攻撃の軸でありながら得点が少ない」ことを課題に挙げられて来た。

しかし、今季はポジションを下げたにも関わらず、すでにブンデスのリーグ戦ではキャリアハイとなる7ゴール、CLなどカップ戦も含めると全公式戦で12ゴールを決めている。守備面でもボール奪取数でチームトップを記録するケースも見られるようになった。課題を克服した鎌田は、ドイツ紙『キッカー』の平均採点でブンデスリーガ全選手中のトップに立っている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします