【マイルCS/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「道悪が嫌われてこのオッズはオイシイ」

■ジャスティンカフェ

6月のエプソムC以来、約4カ月ぶりとなった前走の毎日王冠は、上がり最速タイの脚で伸びてきたものの、ゴール手前でサリオスに捕まって2着。寸前のところで重賞タイトルを逃した形となったが、3度目の重賞挑戦で初めて複勝圏内入りを果たしている。また、この時の3着はダノンザキッド、4着はレイパパレとGI馬相手に先着していたように、重賞未勝利ながらもGI戦線でもメドを立てたと言っていい。

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/穴馬アナライズvol.3】前走惨敗で想定“8人気”前後 「巻き返しの材料はたっぷりと揃った」

元々ポテンシャルの高かった馬だが、今年に入ってからその才能が開花。3月に阪神芝1600mで行われた2勝クラスの小豆島特別を快勝すると、余勢を駆って挑んだ5月の湘南Sも勝利して条件クラスを卒業している。これまで11戦して上がり最速が7戦、そして3戦は3位以内という数字が示すように、トップスピードと持続力が身上の馬で、差し・追込有利の今の阪神の馬場は合いそうだ。

重馬場のアーリントンCとエプソムCに敗れている点から道悪適性に疑問を投げかける声は多いが、アーリントンCは出負けからリズムを欠いての大敗、エプソムCは4着に敗れたとはいえ上がり最速の末脚で追い込んできた。デビュー戦は不良馬場で中京芝1600mの勝ち時計1分37秒0を完勝しているだけに、道悪がさっぱりというタイプでもない。前走・毎日王冠のパフォーマンスからもっと注目されていい存在であり、道悪が嫌われてこのオッズは“オイシイ”と言える。

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後でも買い 「本来は有力馬に数えられていい存在」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走惨敗で想定“8人気”前後 「巻き返しの材料はたっぷりと揃った」

◆【危険な人気馬】3歳ツートップの1頭は“消し” 「条件を考えれば物足りない内容」

マイルチャンピオンシップ2022予想コラム一覧

▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞馬に勝率100%の“鉄板”条件 GI初制覇へ「絶好のチャンス到来」

◆【データ攻略】前走惨敗から“復活”の舞台へ 馬券内率10割で「不安要素を打ち消す」

◆【データ攻略】想定オッズ“20倍”前後の伏兵 「訳あり」の連敗から馬場適性で再浮上

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超の妙味 驚異の「2.1.2.1」を誇る鞍上×コース実績

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“6割”超 浮上した2騎で「1点勝負の価値あり」

▼血統傾向
◆【血統傾向】「馬券内率7割」超えに合致 勢いに乗る想定“10人気”前後に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソダシとサリオスは“勝率0%”の3枠に 警戒すべき好枠の伏兵とは

◆【脚質傾向】「上がり最速でも届かない」 外回りコースも“末脚不発”の傾向

◆【前走ローテ】“復活V”で人気上昇のサリオスに警鐘 狙いは「前走2着以下」

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、好配当を呼び込む“中穴”の人気帯とは

◆【動画プレーバック/マイルチャンピオンシップ2021】グランアレグリアがラストランで連覇を達成、GI6勝目を飾った

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-マイルチャンピオンシップ編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします