【マイルCS/穴ライズ】前走惨敗で想定“8人気”前後 「巻き返しの材料はたっぷりと揃った」

■マテンロウオリオン

今春のNHKマイルCで2着だったマテンロウオリオン。前走は阪神芝1400mのスワンSで、5月の日本ダービー以来、5カ月ぶりの実戦だったことが影響したか、末脚に本来の鋭さが見られず7着に敗れている。鞍上も届かないと見るやいなや、最後は流していたように見えただけに、これがこの馬の力でないことは明らかで、この敗戦はそこまで気にする必要はないだろう。

◆【マイルチャンピオンシップ2022予想/穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後でも買い 「本来は有力馬に数えられていい存在」

最内枠からスタートした3走前のNHKマイルCでは、スタートしてすぐに後方2番手まで控えると、大外に持ち出された直線で鋭い伸びを見せ、先に抜け出したダノンスコーピオンにクビ差まで迫っている。結果的に敗れたものの、道中は勝ち馬に向いた流れで、もう少しこの馬に展開が向けば3歳マイル王に輝いていたシーンもあったはず。今回は奇しくも最内枠。コースこそ違えど同じような競馬をする可能性が高く、差しが届く今の馬場状態を踏まえれば、アッと驚く激走まであっていい。

久々を叩かれて体調は順当に良化しており、春にはピリピリしやすい面もあったが、夏を越して気性の成長も見られた。さらに前走、そして明らかな距離適性外だった2走前の日本ダービーを除けばパーフェクト連対で、マイル戦は【1.3.0.0】と得意の舞台。巻き返しの材料はたっぷりと揃っており、汚名返上の走りで波乱を演出したい。

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後でも買い 「本来は有力馬に数えられていい存在」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「道悪が嫌われてこのオッズはオイシイ」

◆【危険な人気馬】3歳ツートップの1頭は“消し” 「条件を考えれば物足りない内容」

マイルチャンピオンシップ2022予想コラム一覧

▼データ攻略
◆【データ攻略】重賞馬に勝率100%の“鉄板”条件 GI初制覇へ「絶好のチャンス到来」

◆【データ攻略】前走惨敗から“復活”の舞台へ 馬券内率10割で「不安要素を打ち消す」

◆【データ攻略】想定オッズ“20倍”前後の伏兵 「訳あり」の連敗から馬場適性で再浮上

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超の妙味 驚異の「2.1.2.1」を誇る鞍上×コース実績

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“6割”超 浮上した2騎で「1点勝負の価値あり」

▼血統傾向
◆【血統傾向】「馬券内率7割」超えに合致 勢いに乗る想定“10人気”前後に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ソダシとサリオスは“勝率0%”の3枠に 警戒すべき好枠の伏兵とは

◆【脚質傾向】「上がり最速でも届かない」 外回りコースも“末脚不発”の傾向

◆【前走ローテ】“復活V”で人気上昇のサリオスに警鐘 狙いは「前走2着以下」

◆【人気傾向】上位人気を信頼も、好配当を呼び込む“中穴”の人気帯とは

◆【動画プレーバック/マイルチャンピオンシップ2021】グランアレグリアがラストランで連覇を達成、GI6勝目を飾った

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-マイルチャンピオンシップ編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします