【ジャパンC週/記録室】ダノンベルーガ“6戦目V”なら、エルコンドルパサーとアーモンドアイ超え

 

【ジャパンC週/記録室】ダノンベルーガ“6戦目V”なら、エルコンドルパサーとアーモンドアイ超え

第42回ジャパンカップ(GI、東京芝2400m)が行われる11月26・27日に達成の可能性がある記録、快挙を紹介する。

◆【ジャパンカップ2022予想/追い切り診断】シャフリヤールを上回る「S」評価 「まさに本格化」の充実期

■ジャパンC優勝で達成の記録

ダノンベルーガは、エルコンドルパサーとアーモンドアイの記録を抜いて本競走最少キャリア6戦目

騎手

ルメールオネスト)は、武豊に並び本競走最多4勝目
武豊ハーツイストワール)は、JRA・GI通算80勝目
浜中俊ボッケリーニ)は、JRA・GI通算10勝目

調教師

国枝栄調教師(ハーツイストワール)は、本競走最多3勝目

生産者

外国産馬オネストグランドグローリーシムカミルテュネス)の優勝は、2005年のアルカセット以来17年ぶり

馬主

金子真人ホールディングスボッケリーニ)は、個人馬主最多の本競走2勝目

種牡馬

エピファネイア(デアリングタクト)は、シンボリルドルフ(トウカイテイオー)、ディープインパクト(コントレイル、ショウナンパンドラ、ジェンティルドンナ)に次ぐ本競走3例目の親仔制覇

Advertisement


ディープインパクト産駒(シャフリヤール)は、本競走最多5勝目

■通算メモリアルまで、あと少し

騎手

横山典弘 通算2900勝まで、あと4勝
松山弘平 通算1000勝まで、あと4勝
柴山雄一 通算600勝まで、あと3勝
松田大作 通算500勝まで、あと5勝
亀田温心 通算100勝まで、あと2勝

C.ルメール JRA・年間100勝まで、あと3勝
武豊 JRA・重賞通算350勝まで、あと1勝

調教師

池江泰寿 通算800勝まで、あと3勝
伊藤圭三 通算500勝まで、あと4勝
大江原哲 通算300勝まで、あと2勝
和田正一郎 通算200勝まで、あと1勝
松永康利 通算100勝まで、あと5勝
高柳大輔 通算100勝まで、あと5勝

■11月誕生日の騎手

11/1 難波剛健(40)
11/3 高田潤(42)
11/5 丹内祐次(37)
11/8 小林脩斗(21)
11/9 川須栄彦(31)
11/12 黛弘人(37)
11/14 箕島靖典(40)
11/19 川又賢治(25)
11/24 川島信二★(40)
11/24 佐々木大輔★(19)
11/28 今村聖奈(19)
11/28 的場勇人(35)
★=今週誕生日
(数字)=誕生日後の年齢

◆【ジャパンカップ2022予想/騎手データ】堅軸も「3着固定で妙味あり」 条件合致で馬券内率“66.7%”の名手

◆【ジャパンカップ2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の外国馬 「背景に陣営の色気がプンプンと漂う」

Advertisement


◆【ジャパンカップ2022予想/データ攻略】想定“10人気”前後に食指 「勝率7割」超えの好条件が追い風に

文●SPREAD編集部