【カタールW杯】強国ドイツに挑む森保ジャパン、勝機は「ビルドアップ」 ボランチ鎌田大地の可能性は…

カナダとの親善試合を経てドイツ戦に挑む日本代表(C)ロイター

FIFAワールドカップカタール2022が20日に開幕した。

白熱した熱戦が続く中、日本代表(FIFAランク24位)は23日、W杯4度の優勝を誇るドイツ(11位)と対戦する。日本は17日にカナダ(41位)と本大会前最後の強化試合を戦い、1-2と逆転負け。これまで出場機会の少なかった選手や負傷からの復帰組が起用されたが、収穫はあったのか。

また、7大会連続出場となる日本は、過去6大会中、初戦で勝点(勝ち or 引き分け)を得た場合は3度とも決勝トーナメント進出に成功しており、逆に敗れた場合は全てグループステージ敗退に終わっている。最重要とされる対ドイツ初戦で勝敗の鍵となるのは…

◆識者が日本代表ドイツ戦を展望 カギ握る“バイエルンブロック”と19歳新星ムシアラ

■ドイツが恐れる「最強コンビ」

主力が温存されたカナダ戦は結果を気にする必要はない。心配なのは欠場した遠藤航(シュツットガルト)と守田英正(スポルティングCP)の状態だ。特に左ふくらはぎの違和感が続く守田は、ドイツ戦2日前でも別メニュー調整が続いている。

遠藤は強行出場も可能な模様だが、守田のドイツ戦出場は厳しそうだ。代役のMF田中碧(デュッセルドルフ)も負傷明け。カナダ戦を見る限り、ドイツ相手に攻守の要を任せられるレベルではない。

ただ、カナダ戦では大きな収穫があった。後半途中から本来トップ下のMF鎌田大地を1列下げたボランチで起用し、目途が立った。鎌田は今季フランクフルトの公式戦18試合に先発出場しているが、その内訳は、「ボランチ10、左サイド5、シャドー3」と、ボランチ起用が最も多い。懸念された守備面でもボール奪取やタックルの数でチームトップを記録する試合も出て来ている。

今季の鎌田はポジションを下げながらも、ブンデスリーガではすでにキャリアハイのリーグ7ゴール(全公式戦で12ゴール)を挙げるなど大活躍。ドイツ大手紙『キッカー』による第15節終了現在の平均パフォーマンス採点で、ブンデスリーガ全選手中のトップにも立っている。ドイツ戦は普段から対峙しているブンデスリーガに所属する選手たちが相手となる。鎌田のボランチ起用はベストな選択ではないか。

そんな鎌田の相棒となるのが、そのブンデスリーガで1対1による競り合い「デュエル」の勝利数が2年連続でトップとなった遠藤だ。「デュエル王」と「ブンデス最高評価選手」で組むダブルボランチは、ドイツの司令塔ジョシュア・キミッヒと重量級ボランチのレオン・ゴレツカによるバイエルンユニットも恐れる「最強コンビ」となりえる。

■日本がドイツを上回る意外なデータ

ドイツはボールを奪われてから5秒以内に奪い返す「ゲーゲン・プレス」と呼ばれる現代サッカーの戦術トレンドを産み出した国だ。現在もその最先端の戦術を採用し、発展させている。

そのプレスの強度を測る指数として『PPDA』なるスタッツが存在する。「Pass Allowed Per Defensive Actions」の略だが、具体的には「ボールを奪うまでに、相手に何本のパスを許したか」を示すための数値だ。つまり、この数値が低ければ低いほど、そのチームがかけるプレスの強度が高く、ボールを奪われてからも素早く奪い返せていることを裏付ける。

W杯に出場するレベルのチームのPPDAは「平均13前後」となる中、ドイツは「10.07」と大幅に世界基準を上回る。しかし、そのドイツを上回る「9.20」を記録する超ハイレベルなプレッシング大国が存在する。それが日本だ。データにはアメリカに史上ワーストとなる前半だけで54回のボールロストを記録させた9月の試合や、6月のブラジル戦も含まれている(米メディア『ESPN』より) 。

プレスの強度を上げるためには、攻撃時にショートパスを繋いで密集を作りながら前進し、ボールを奪われた瞬間にその密集のままプレスを仕掛けることが有効だ。日本人選手はその資質が高い。ブンデスリーガのクラブが多くの日本人選手を獲得するのは、ゲーゲンプレスに必要な資質を持つ選手が多いからだ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします