【ジャパンC/枠順】2強は連対率わずか“4.3%”の7枠 注目は「2年連続連対」の好枠

第42回ジャパンカップ(GI、芝2400m)の枠順が24日、JRAより発表された。

今年のドバイシーマクラシックを制したシャフリヤールは7枠15番、天皇賞・秋3着の3歳馬ダノンベルーガは7枠14番、前走・京都大賞典を快勝したヴェラアズールは3枠6番、今年の鳴尾記念で1着だったヴェルトライゼンデは2枠3番、に入った。

また、昨年に引き続き外国馬が出走する。今年のパリ大賞を制したオネストは1枠2番に、前走・バイエルン大賞で優勝したテュネスは4枠7番に入った。

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

◆【ジャパンカップ2022予想/追い切り診断】シャフリヤールを上回る「S」評価 「まさに本格化」の充実期

■2人気以上を上回ったことなし

上位人気が予想されるシャフリヤールダノンベルーガが入った7枠は【1.0.3.19】勝率・連対率4.3%、複勝率17.4%となっている。過去10年で1番人気が入ったことが無く、2番人気【0.0.2.1】と人気を上回る結果を残せていない。2011年に1番人気デインドリームが入ったが、人気に応えることが出来ず6着と沈んでいるだけに全幅の信頼は置けない。

[ジャパンカップ]過去10年の枠順傾向

また、上位人気が予想されるヴェラアズールが入った3枠は【1.1.2.16】勝率5.0%、連対率10.0%、複勝率20.0%となっている。こちらも過去10年で1番人気が入ったことがなく、2014年に2番人気ハープスターが5着となっている。馬券に絡んでいるのは3番人気以下となっており、2015年7番人気ラストインパクトが2着に、13年11番人気トーセンジョーダンが3着と下位人気から巻き返しをしている。

テュネスデアリングタクトが入った4枠は【1.2.0.17】勝率5.0%、連対率・複勝率15.0%となっている。ここ2年連続して2着と好走しているだけに今回も期待したい。

◆【ジャパンカップ2022予想/騎手データ】堅軸も「3着固定で妙味あり」 条件合致で馬券内率“66.7%”の名手

◆【ジャパンカップ2022予想/穴馬アナライズVol.1】前日“12人気”前後の爆穴 「人気落ちのここで重い印を打つべき」

◆【ジャパンカップ2022予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします