【ジャパンC/データ攻略】連対率“8割”超でGI馬に下剋上 「国際レースで無類の強さ」

今週は東京競馬場でジャパンカップ(GI、芝2400m)が行われる。一昨年はアーモンドアイが三冠馬同士のドリームマッチを制し、昨年はコントレイルが有終の美を飾った。ドラマティックな側面を覗かせる国際GI。今年はいったいどんなドラマが生まれるのだろうか。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてヴェラアズールを取り上げる。

◆【ジャパンカップ2022予想/追い切り診断】シャフリヤールを上回る「S」評価 「まさに本格化」の充実期

■社台ノーザングループ系クラブ馬と好相性のジャパンC

年明けの時点では2勝クラスにとどまっていたものの、芝を使われるようになってからトントン拍子に出世。連勝で重賞を制し勇躍この舞台に臨むのがヴェラアズールだ。初のGI挑戦で能力比較が難しいところだが、今回この馬を後押しするデータはこちら。

・前走1着の社台ノーザングループ系クラブ馬【3.2.0.1】

主な該当馬はアーモンドアイにジェンティルドンナ、そして昨年の2着馬オーソリティ。国際レースで無類の強さを発揮する社台ノーザングループ系クラブ馬の真骨頂と言える好走データだ。

改めて前走京都大賞典を振り返ると、上位馬の多くが直線でインを通った馬。そのシチュエーションにあって大外から上がり3F33秒2の脚で突き抜けたレースは衝撃的だった。ジェンティルドンナとのコンビでジャパンCを制したR.ムーア騎乗で臨む大舞台。目下の勢いを利してビッグタイトル獲得のシーンは想定しておきたいところだ。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】“10年連続”馬券内の事実 2強のうち1頭に漂う「勝負気配」

◆【データ攻略】前走惨敗の「隠れサウスポー」 “複勝率100%”が波乱を巻き起こす

◆【データ攻略】想定“10人気”前後に食指 「勝率7割」超えの好条件が追い風に

ジャパンカップ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定オッズ“20倍”超の伏兵を高評価 「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】シャフリヤールを上回る「S」評価 「まさに本格化」の充実期

◆【追い切り診断】“2強”の一角に辛口評価「B」 「物足りず、良くて平行線」

◆【追い切り診断】前走完敗のGI馬に高評価「A」 「ひと叩きで一気に良化」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“12人気”前後の爆穴 「人気落ちのここで重い印を打つべき」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”の外国馬 「背景に陣営の色気がプンプンと漂う」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“20倍”以上の刺客 「照準を合わせたローテで一発の可能性」

◆【危険な人気馬】復活を期すGI馬は“消し” 「巻き返しの“匂わせ”材料は多いが…」

▼騎手データ
◆【騎手データ】堅軸も「3着固定で妙味あり」 条件合致で馬券内率“66.7%”の名手

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“10人気”前後に追い風 馬券内率100%の好条件に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】2強は連対率わずか“4.3%”の7枠 注目は「2年連続連対」の好枠

◆【海外オッズ】ブックメーカー各社で仏オネストと独テュネスが高評価 1人気はダノンベルーガ

◆【脚質傾向】上がり最速はわずか“1勝” 4角5番手以内から押し切りが主流

◆【前走ローテ】馬券の中心は“秋天”組も、9年ぶり参戦の異例ローテに警戒

◆【人気傾向】2年連続で「1+2+3人気」決着も、今年は“6人気”以下に警戒

◆【動画プレーバック/ジャパンカップ2021】父ディープインパクトに続き突き抜けた無敗の三冠馬 コントレイルが有終の美を飾るGI5勝目

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022ジャパンカップ-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします