李忠成が明かす「チャンスの掴み方」…1mmの隙を埋めるために

日本サッカーの強化・育成を目的に、世界基準のトレーニングを提供している「NIKE ACADEMY TOKYO」

11月22日、その特別セッションとして「NIKE ACADEMY ALWAYS FOWARD MASTERCLASS」が大原サッカー場(埼玉)で開催された。これは「スピード」と「精密なタッチとコントロール」を体現するプレーヤーを育成するために開かれたプレミアムクリニックだ。

この日は、「NIKE ACADEMY TOKYO」のセッションを過去にも受講したことのある、和田育(阪南大高)高木一史(JFAアカデミー福島U-18)ら高校生2名が浦和レッズの練習に参加。

高校生2名は、スピードを活かしたプレーが武器である元日本代表・李忠成選手とも言葉を交わし、アドバイスをもらった。

李選手はこうして高校生がプロの練習に参加することについて、「チャンスだと思う」と話す。

編集部は、李選手の「チャンスの掴み方」、そしてそこに至るまでの「考え方」について話を聞いた。(聞き手=大日方航)

(c) NIKE

—:こうして高校生がプロの練習に参加するということについてはどう思われますか。

李忠成選手(以下、敬称略):正直チャンスだと思う。いつチャンスが自分に舞い込んでくるかはわからない。そのチャンスに巡り合うことも運だし、こういった機会は、サッカー選手を目指す子たちの可能性を広げている印象があります。

このチャンスを掴む、掴まないというのは今までの努力次第。全国の中学生、高校生、大学生も、「誰にでもこのチャンスがくる」と思いながら練習することによって、もっともっと選手のクオリティが上がると思います。

—:そういった意味で、李選手は2011年のアジアカップ決勝戦で見事な決勝ゴールを入れるなど、チャンスに強い印象があります。チャンスを掴むための心構えなどはどのように意識されていますか。

:練習ですよね。日々の練習、日々の生き方。チャンスを掴んだ時に、自分の力を100パーセント発揮できるかできないか。発揮できてもできなくても、成功しても失敗しても、自分に悔いが残るか残らないかを意識しています。

練習中でも「妥協したい、キツい」という感情があると思うのですが、そういった時も頑張ってやり切る。1mmでも努力して、そういったマイナスの感情をなくしていく。もちろん、成功したら嬉しいけれど、失敗することもある。

でも、失敗した時に「俺はここまでもう練習したんだから。やること全てやって、準備することを全て準備して、この舞台に立って失敗したんだ」と思えると、悔いが残らないんですよ。

そこではじめて、もうちょっと練習で追及する部分があるんじゃないかって考え始められるんです。そうすることによって、失敗したことを糧にできる。

でも、練習中から1mmでも隙があると、その隙を”責めてしまう”んですね。「あの時もうちょっと、1mm走っておけばよかった」とか、「あの時シュート練習をもう3本しとけば感覚が掴めたんじゃないか」とか。

そういったところを責めたくないから、練習を特に意識していますね。

(c) NIKE

—:李選手のような決定力を発揮するためには、日々の練習に加えてメンタルのコントロールも重要になってくるのではないでしょうか。

:自分を信じ切ることですね。「信じる」じゃなくて、100パーセント信じ切ること。「俺はやれるんだ」って強く思うこと。

ピッチに立った時に、ネガティブな気持ちとか、「あぁ、やばいな」っていう気持ちも正直あるし、責任感とか重圧に押しつぶされそうになる気持ちもあるんですけれど、やはりそこは今までやってきた自分を信じ切ることができれば、すごく前向きにプレーができる。

そのネガティブな気持ちに負けてしまったら今までの経験上いいプレーはできなかったし、いい成績は残せませんでした。

自分を信じ切るために、「練習」を1mmでも隙を与えないでやり切る、っていうのを意識していかないとメンタルはついてこないし、メンタルだけでもやはり練習をしっかりこなしていなければ大舞台では結果は出ない。

僕だけじゃなく、今まで見てきた選手はみんなそうでしたね。長友佑都とか。

2011年 AFC アジアカップ 左:李選手 右:長友選手 (c)Getty Images

—:ネガティブな気持ちに負けない選手というのは、元来、もともと心が強くサボりにくいのでしょうか。それとも、後天的にメンタルが強くなっていくものなのでしょうか。

:僕の場合は、人と同じ評価だと試合に出られないのだといつも思っていたんです。だから、人よりも1.1倍、1.2倍うまくてやっと同じ天秤にかけられると。

だから、みんながベンチプレス10回のところを12回やったり、みんなが10m走ることを12m走ったりすることを小学生の頃からやっていて。みんなが10回のところを8~9回しかやらないということはまず考えられないし、2008年に北京オリンピックに行った時もそうですが、「普通の選手ではない」ということをいつも言い聞かせていた。

そういった意味で、自分の課せる責任を果たすことであったり、期待に答えることであったり、っていうのをいつも頑張っていました。試合中もそう。みんなが疲れている時、そこで走ると。みんながきつい時に俺が助けてやるとか、そういうメンタルでした。

—:プロに混ざって練習するという今回のプロジェクトは、高校生にとっては大きな挑戦となったはずです。自身のサッカー人生を振り返って、李選手にとって大きなチャレンジだったなと思える瞬間はありますか。

:僕はプリンスリーグ(高円宮杯U-18 サッカーリーグ プリンスリーグ関東)第1回の得点王なんですよね。高校2年生の時。絶対1個上の大会でも得点王をとるぞ、と臨んだんです。

高校2年生くらいがトップから最も注目される時期で、高3だと少し遅いくらい。だから、高校2年生くらいでタイトルを取ればプロに上がれるチャンスがあるんじゃないかと意気込んでいました。あれは僕にとって大きなチャレンジでしたね。

(c) NIKE

—:高校時代、もっとこうしておけばよかったことなどはありますか。

:まだ僕が高校生の時、YouTubeとかそういった教材がそこまでなかったんです。今はDAZNとか見れば、色々な人のプレーとか色々なチームの攻め方というのが見れるし、真似できる。

今でもやっているんですけど、この週はクリスティアーノ・ロナウド選手のシザースを練習するとか、この週はメッシ選手の切り返し、この週はレヴァンドフスキ選手のシュートのタイミングとか、そういったように自分の中でテーマを決めて、できなくてもとにかくやりまくるんです。

そうすると最初はできないんですけど、ずっとやり続けるといつかひょんなところでできるようになる。ラボーナとかマルセイユターンとかでもいい。そういうのを1つ決めてやると、多分サッカーが面白くなるし、レパートリーも増えてくる。僕が高校生に戻るならそれをやりますね。

—:世界トップのプレーをイメージして学びやすくなっている時代だと。

:そうです。ただ、僕の場合は”0”から”1”を作り出すっていうよりも、”1”を加工して”2”にするっていう感じです。ドリブルデザイナーの岡部将和さんは、”0”から”1”の人ですよね。

僕の場合は”1”があって、それを加工していくのが得意な選手。自分の特性を自分はわかっていると思うので、自分に合ったやり方をやっていけばいいと思います。

—:「自分の特性を自分はわかっている」という発言にもあるように、李選手はご自身の分析を精密にされている印象を受けます。

サッカーも結果、「自分」だから。周りがパスを出してくれないとか言っても、自分の引き出し方が悪かったり、自分の私生活のコミュニケーションが悪いことに原因があったりする。

チームプレーとはいえ最終的には個人になってくると思うので、「まずは周りを理解しよう」とする人たちがいると思うんですけど、僕は、「まずは自分を理解しようぜ」って思います。

—:どういうことをしたら、より自分を理解できるようになれると思いますか。

李:僕は、サッカーノートを書いていました。書いていると同じようなことばかり書くようになるんですよね。あぁ、「これが俺の癖か」みたいな。感覚を言葉にするのはすごい大事なこと。

サッカーノートは、感覚を言葉に落とし込む作業。読み返すと、同じ言葉、同じシチュエーションが書いてあることに気づくんです。そのためのサッカーノート。書いたからといって1日、2日でうまくなることはないけれど、プロ2~3年目まではずっと書いていましたね。

後編はコチラ→李忠成が明かす、一流選手の共通点…「雑草魂」世代のひとりとして生きてきた

≪大日方航≫

李忠成選手プロフィール

(c)Getty Images

  • 生年月日:1985年12月19日
  • 出生地:東京都保谷市(現・西東京市)
  • 身長/体重:182cm/73kg
  • 出身:東京朝鮮第九初級学校,保谷市立柳沢中学校,都立田無高校
  • サッカー歴:こみねFCー横河FCジュニアユースーFC東京U-18ーFC東京ー柏レイソルーサンフレッチェ広島ーサウサンプトンFC(Premier League/イングランド)ーFC東京(期限付き移籍)ーサウサンプトンFCー浦和レッズ(2014年)
  • 日本代表A:11試合出場・2ゴール(2018年1月末現在)
  • 公式戦デビュー:2005年3月19日 柏3-1 F東京(NC)
  • Jリーグデビュー:2005年7月10日G大阪2-3 柏
  • Jリーグ初ゴール:2006年4月22日 札幌2-3 柏(J2)

≪関連記事≫

西川周作がプロになってからずっと続けてきた、ある習慣とは…田舎から出るのが怖かった少年時代

李忠成と西川周作が、高校生2人に伝えたこと…悔いを残さないための準備とは