Advertisement

【カタールW杯】「低調で静的」コスタリカに敗れた日本をバッサリ 途中出場の三笘薫には「まばゆい輝き」と高評価 英メディア

コスタリカに敗れた中で奮闘した三笘薫(C)Getty Images
コスタリカに敗れた中で奮闘した三笘薫(C)Getty Images

FIFAワールドカップカタール2022・グループE第2節が27日に行われ、日本はコスタリカに0-1で敗れた。森保一監督は第1節ドイツ戦から先発メンバーを5人変更。主導権を握るものの得点を奪えないでいると、後半36分に失点を喫し、そのまま逃げ切られた。同組のスペインとドイツが引き分けた結果、グループEはスペインが勝ち点4で首位、日本とコスタリカが勝ち点3で並び(得失点差で日本が2位)、勝ち点1のドイツが4位となった。 

◆日本代表の命運はいかに 混沌とするE組、勝てばグループステージ突破だが…

■5バックの牙城崩せず

第1節スペイン戦で0-7という惨敗を喫したために印象が薄れていたかもしれないが、コスタリカは伝統的に粘り強い守備が持ち味。この日も序盤から5バックで日本に対抗。「第1節で敗れ、勝ち点が必要なコスタリカは攻撃的に来るのでは」という戦前の予想を見事に覆し、自分たちのサッカーを貫いた。

Advertisement

一方の日本は前半からボールを保持するものの、ドイツ戦からメンバーを大幅に入れ替えた影響か、コンビネーションに精彩を欠く場面も散見された。それでも前半途中には[4-2-3-1]から3バックに変更し、攻勢を強めた。ただ、それでもコスタリカの守備ブロックに手を焼き、ゴールには至らなかった。

日本の敗戦を受けて、英サイト『The Telegraph』は「日本は低調で、静的で、どうすればコスタリカを打ち負かすことができるのか見当もつかないように見えた」とバッサリ。「(森保監督は)ベンチにいる豊富な攻撃的オプションを活用することに消極的だったようだ」とも指摘した。

Advertisement

■枠内シュート1本に沈む

ただ、後半から途中出場し、得意のドリブルでチャンスメークしたMF三笘薫については「ブライトンの新戦力、カオル・ミトマは日本代表でも所属クラブでもまばゆいばかりの輝きを放っている」と高評価を与えた上で、ブライトン前監督グレアム・ポッター氏のコメントも紹介。

現在プレミアリーグの強豪チェルシーを率いるポッター氏は、三笘がピッチに登場すると「これで相手最終ラインは問題を起こすだろう。彼は人の間をすり抜ける能力を持っていて、とてもユニークなんだ」と話し、三笘がコスタリカの守備陣を切り裂くと予想、的中させた。

Advertisement

日本はボール支配率48%で、シュート数は日本の14本に対してコスタリカは4本(枠内シュートは日本3、コスタリカ1)。日本は結局、たった1本飛ばされた枠内シュートに沈んでしまった。

◆特集:日本代表の命運はいかに 対戦カード・日程・放送予定・結果一覧

◆主将吉田麻也、コスタリカ相手の敗戦に「上手くいかなかった」と反省の弁 スペイン戦には「勝つしかない」

◆本田圭佑は冷静「全然ガッカリしてない」「下馬評では予選敗退だったんで」

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします