Advertisement

【MLB】大谷翔平、今季初の賞タイム! エドガー・マルティネス賞を獲得

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports
エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

米メジャーリーグ機構(MLB)は28日(日本時間29日)、今季もっとも活躍した指名打者(DH)に贈られる「エドガー・マルティネス賞」にロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平を選出した。大谷が今季、主要表彰を受けるのは、これが初めて。

◆大谷翔平、米国で繰り返し浮上するカマラニ・ドゥンとの恋仲説とその背景

■オルティス以来の連続受賞

大谷は今季打率.273、34本塁打、95打点、11盗塁を記録。しかし、ニューヨーク・ヤンキースアーロン・ジャッジがアメリカン・リーグ記録となる62本のホームランを記録したこともあり、ことごとく賞タイムに見放されて来た。

Advertisement

大谷の同賞受賞は2年連続。この連続受賞は、2003年から08年までボストン・レッドソックスのデービッド・オルティスが5年連続で獲得して以来のこと。

1973年に制定された最優秀指名打者賞は、2004年からはシアトル・マリナーズで活躍したマルティネスにちなみ、名称が変更となった。マルティネスはMLB初のDH専任打者として認められており、同賞を5回獲得した初めての打者。マルティネスの背番号11は、マリナーズではケン・グリフィーJr.に続き2人目の永久欠番に指定され、2019年には野球殿堂入りを果たしている。オルティスも2022年に殿堂入り。

Advertisement

◆大谷翔平、MVPはジャッジに譲るも… 現地記者は「100回中99回受賞するシーズン」と賞賛

◆“恩師”が明かす大谷翔平の仰天エピソード 栗山監督が米メディアで見解「信じられないところに彼のゴールがある」

Advertisement

◆GM発言「大谷翔平の移籍なし」に“疑惑の目” 「トレードされる可能性は常にある」米メディアが指摘

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします