安部裕葵、レアル・マドリードに「自分たちと明らかに違うなと」試合後に号泣

2018年12月20日、クラブW杯準決勝が行われ、鹿島アントラーズは欧州王者のレアル・マドリードと対戦した。結果は1-3でレアル・マドリードの勝利。

この試合を終えて、号泣していた選手がいる。鹿島アントラーズFW安部裕葵選手だ。

「自分たちと明らかに違うなと」

準々決勝のグアダラハラ戦は後半開始から出場した安部選手。準決勝レアル・マドリード戦はスタメンに名を連ねた。

(c)Getty Images

試合は途中からレアル・マドリードペースに。前半44分にFWガレス・ベイル選手がゴールの右隅にシュートして先制すると、そのまま勢いに乗ってハットトリックを達成する。

鹿島アントラーズは後半33分にMF土居聖真選手のゴールで1点を返したが、1-3で敗戦となった。

(c)Getty Images

試合終了後、安部選手は人目を憚らず号泣。MFレオ・シルバ選手が安部選手を慰めたが、それでも涙は止まらなかった。

その後、安倍選手は心理状況についてコメント。「0-3になった瞬間は気持ちが折れてなかった。レアル・マドリードの選手たちが涼しそうな顔でプレーするのを見たときは、心が折れるじゃないけど自分たちと明らかに違うなとと語っている。

内田篤人、安部裕葵に触れる

試合後のメディア対応では、内田篤人選手も安部選手のことに触れた。

「俺は裕葵の気持ちがわかる。差を痛感すると、追いつけないのかな、間違っていたのかな思う。ここからだよ。この経験を無駄にしちゃいけないよ」

ネイマール選手やクリスティアーノ・ロナウド選手などの世界トップレベルの選手と対峙してきた内田選手。だからこそ、安部選手の気持ちを代弁できたのかもしれない。

安部裕葵の涙に心打たれるファン多数

試合後、多くのファンが「安倍選手の涙に心打たれた」という旨でツイート。一時は「安部裕葵の号泣」がツイッターのトレンドに入る事態になった。

≪関連記事≫

安西幸輝は鹿島アントラーズのDF!ユーティリティプレイヤーとして活躍するムードメーカー

昌子源、今冬海外クラブへ移籍か?過去には5億円の移籍金を提示されるも海外移籍は成立せず

鹿島・レアンドロは元ブラジル代表のFW!怪我からの復帰で復活に期待

昌子源とクラブW杯…レアル・マドリードとの再戦前に見せた修正力

鈴木優磨の兄・鈴木翔大はソニー仙台FC所属のサッカー選手!いつか兄弟対決が見られることに期待

怪我で日本代表入りを逃す鈴木優磨…森保監督の高い評価もあり、次回招集で日本代表デビューに期待!

鈴木優磨の海外移籍はあるのか?ポルティモネンセなど複数クラブがオファーの噂

安西幸輝は2018年に東京ヴェルディから鹿島アントラーズへ移籍!憧れの内田篤人とのポジション争いに挑む

内田篤人、右膝の怪我から復帰までの1年9か月…回避した手術と強行出場したブラジルW杯

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします