【カタールW杯】日本代表、クロアチアとの激闘は1-1で延長後半へ 史上初のベスト8懸けた大一番

 

【カタールW杯】日本代表、クロアチアとの激闘は1-1で延長後半へ 史上初のベスト8懸けた大一番
後半途中に投入された南野(C)Getty Images

FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦が日本時間6日に行われ、FIFAランキング24位の日本代表は同12位のクロアチアと対戦。試合は1-1のまま延長後半に入ることになった。

◆特集 日本代表初のベスト8なるか、森保ジャパン vs. クロアチア代表 展望・放送予定・結果一覧

■延長戦にもつれ込む消耗戦

グループEを2勝1敗で首位通過した日本は勝てば史上初のベスト8進出が決まる大一番。森保一監督は[3-4-2-1]のシステムを採用し、堂安律、冨安健洋、遠藤航らがスタメン入り。2試合連続で3バックでスタートした。

立ち上がりからクロアチアにボールを保持される時間も見られたが、一方的に支配されたドイツ戦やスペイン戦の前半とは異なり、日本がポゼッションする時間帯も出てくる。

日本は前半の終盤にかけてチャンスを増やすと、前半42分、堂安の右からのクロスを吉田麻也が折り返し、最後は前田大然が今大会初ゴールとなる先制点を奪い、リードで前半を折り返す。

後半に入り、前半と同様に互いに攻め合うオープンな展開が続いていく。後半10分、右からのクロスをペリシッチがヘディングで合わせ、クロアチアが同点に追いつく。

日本は三笘薫や酒井宏樹、南野拓実らを投入するなど打開を図ろうとするが、試合は1-1で90分を終え、延長戦に突入する。

延長入っても激しい攻防で攻守にインテンシティの高い試合になり消耗戦を強いられる。クロアチアはここまで先発を続けてきたルカ・モドリッチとマテオ・コヴァチッチの2人を下げる決断をする。試合はそのまま延長後半に突入する。

◆「ずっと走り続けた1トップが…」 前田大然が報われた値千金弾に感動の嵐「本当に泣ける…」

Advertisement


◆日本代表、体調不良の久保建英はベンチ外れる 代役はここまで2得点の堂安律

◆「『日本のメッシ』の欠場は必ずしも良いニュースではない」久保建英の“不在”をクロアチアのメディアはなぜ警戒?

文●SPREAD編集部