Advertisement

【カタールW杯】「夢は終わった」クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、ハリー・ケイン 涙をのんだエースたちが心境明かす

【カタールW杯】「夢は終わった」クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、ハリー・ケイン 涙をのんだエースたちが心境明かす
ロナウド擁するポルトガルはベスト8で姿を消した(C)Getty Images

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、ネイマール(ブラジル)、ハリー・ケイン(イングランド)らベスト8で散った各国代表エースがそれぞれSNSを更新。今回のW杯を振り返るとともに、今後について心境を明かしている。

◆クリスティアーノ・ロナウド、W杯のワーストイレブンに MVPメッシと残酷過ぎる明暗

■クリロナ「時間が解決してくれる」

準々決勝でモロッコに敗れたポルトガル代表。ベンチスタートとなったFWロナウドは0-1で迎えた後半6分から出場、キャプテンマークを巻いて奮闘したもののシュート1本に終わった。試合後、涙を流しながらロッカールームに引き上げる姿が捉えられていたが、一夜明けて自身のインスタグラムを更新。胸の内を明かした。

Advertisement

「ポルトガル代表としてW杯で優勝することが、私のキャリアの中で最大かつ最も野心的な夢だった」とした上で、「残念ながら昨日でその夢は終わってしまった」とつづった。
37歳のC.ロナウドにとって、年齢的にも今大会が最後のW杯と目されてきた。しかし、ついにその夢に届かず、最後は「ポルトガルありがとう。カタールありがとう。夢が続いている間は美しかった。今は時間が解決してくれるのを待ち、みんなが自分なりの結論を出せるようになるのを待つときだ」と記し、メッセージを締めくくった。

今大会は1得点に終わり、先発を外されたことで監督との確執も報じられたロナウド。先月にはマンチェスター・ユナイテッドとの契約が打ち切られ、現在所属クラブがない状態となっている。サウジアラビアの「アル・ナスル」と巨額契約を結ぶ可能性が指摘されているが、果たしてどんな決断を下すのだろうか。

■「この先長い時間、痛い思いをする」ネイマール

ブラジル代表のネイマール(C)ロイター

クロアチアに敗れたブラジル代表FWネイマールも自身のインスタグラムを更新し、「試合後、10分ほど意識がもうろうとし、その直後、涙が止まらなくなった。残念ながら、この先長い時間、痛い思いをすることになるだろう」と悲痛な思いを吐露。それでも「最後まで戦い抜いたし、チームメートの献身的な努力に不足はなかった」とし、全力を出し切ったことを強調した。

Advertisement

クロアチア戦では延長前半、中央突破からゴールを突き刺したネイマール。堅守クロアチアを半ば強引に切り裂いた一撃は、王国のエースならではのプレーだった。しかし、PK戦の末に敗れ、ピッチ上では涙に暮れた。試合後、34歳で迎える次回W杯について問われると「正直なところ分からない」と話し、代表からの引退も示唆していた。

そのほか、フランス戦でPKを外したイングランド主将のハリー・ケインも「本当に悔しい。すべてを出し切ってきたのに、ちょっとしたことでこうなってしまった。立ち直るには時間がかかるだろうけど、これもスポーツの一部だ」とツイートし、ショックから立ち直る気配をうかがわせた。

失意を味わったスーパースターたち。ファンはリーグ戦での雄姿を期待している。

Advertisement

◆クリスティアーノ・ロナウド、W杯のワーストイレブンに MVPメッシと残酷過ぎる明暗

◆ベスト4が決定 メッシ擁するアルゼンチンはクロアチアと、前回覇者フランスは伏兵モロッコと激突

◆得点王争いはムバッペ、メッシ、ジルーの三つ巴か モロッコのエンネシリが11位タイ浮上

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします