【朝日杯FS/前走ローテ】ドルチェモアに“鉄板”データも、2週連続「新馬組」に警戒

 

【朝日杯FS/前走ローテ】ドルチェモアに“鉄板”データも、2週連続「新馬組」に警戒

18日に阪神競馬場で行われる第74回朝日杯フューチュリティS(GI、芝1600m)の過去10年データ分析を紹介する。

今年は夏の2歳重賞で牝馬が活躍し、牡馬は混戦模様。デビューから2連勝でサウジアラビアRCを制したドルチェモア、京王杯2歳S覇者のオオバンブルマイ、デイリー杯2歳S勝ち馬のオールパルフェ、同2着のダノンタッチダウンらが主力を形成する。

ここでは予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2022予想/追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

■ドルチェモアは“鉄板”データ

過去10年、最多3勝を誇る前走・ベゴニア賞組は未出走。続く2勝をマークしている前走・サウジアラビアRC組は【2.2.1.4】で複勝率55.6%を誇り、昨年こそ未出走だったが、2018年のグランアレグリアが3着、19年のサリオスが優勝、20年のステラヴェローチェが2着と、出走機会3年連続で馬券内をキープしている。

[朝日杯FS]過去10年の前走ローテ

ベゴニア賞 【3.0.0.3】 勝率50.0%、連対率50.0%、複勝率50.0%
サウジアラビアRC 【2.2.1.4】 勝率22.2%、連対率44.4%、複勝率55.6%
デイリー杯2歳S 【1.3.2.18】 勝率4.2%、連対率16.7%、複勝率25.0%
未勝利戦 【1.0.1.11】 勝率7.7%、連対率7.7%、複勝率15.4%
アイビーS 【1.0.0.3】 勝率40.0%、連対率40.0%、複勝率40.0%
新馬戦 【1.0.0.2】 勝率33.3%、連対率33.3%、複勝率33.3%
オキザリス賞 【1.0.0.0】 勝率100.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%
京王杯2歳S 【0.2.2.27】 勝率0.0%、連対率6.5%、複勝率12.9%
東京スポーツ杯2歳S 【0.2.0.9】 勝率0.0%、連対率18.2%、複勝率18.2%
からまつ賞 【0.1.0.1】 勝率0.0%、連対率50.0%、複勝率50.0%

このうちサウジアラビアRCの1着馬は【2.1.1.0】で複勝率100%、2着馬は【0.1.0.3】。今年の1着馬ドルチェモアは“鉄板”データに該当する。

西の主要ステップとして注目の前走・デイリー杯2歳S組は【1.3.2.18】。2018年のアドマイヤマーズから優勝は遠のくが、2020年にレッドベルオーブが3着、昨年はセリフォスが2着と、現在2年連続で馬券内に入っている。

Advertisement


デイリー杯2歳Sは1着馬【1.2.1.2】、2着馬【0.0.1.6】、3着馬【0.0.0.4】、4着馬【0.1.0.3】、5着以下は【0.0.0.3】。0秒5差以内の負けなら巻き返しの余地があり、今年の1着馬オールパルフェはもとより、0秒1差の2着馬ダノンタッチダウンも圏内になる。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2022予想/データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

■シンリョクカの再現狙う新馬組

前走・京王杯2歳S組は【0.2.2.27】と出走頭数が多いわりに低調。しかも、1着馬【0.2.1.5】、2着馬【0.0.0.6】、3着馬【0.0.1.1】、4着以下【0.0.0.15】と1着は最低条件であり、今年の1着馬オオバンブルマイは2着までの相手候補に過ぎない。

なお、前走・1勝クラス組は【4.1.2.27】、新馬・未勝利組は【2.0.1.14】。基本的には前走・重賞組が中心だが、前週の阪神ジュベナイルFで新馬勝ちのシンリョクカが2着に好走したように侮れず。2015年には母シーザリオの良血馬・リオンディーズが新馬勝ちから制し、20年には未勝利を圧勝したグレナディアガーズが優勝した。

今年のメンバー構成なら、新馬を3馬身半差で圧勝したレイベリング、新馬を2馬身差で快勝のエンファサイズにも警戒が必要か。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ダノンタッチダウンは“勝率0%”の6枠 馬券内「4年連続」の好枠に伏兵が入る

◆【脚質傾向】ダノンタッチダウンに“黄信号” 末脚より「先行力」が重要

Advertisement


◆【人気傾向】1人気は「5年連続」馬券内も、過去“馬券外”の共通点

◆【動画プレーバック/朝日杯フューチュリティステークス2021】3人気ドウデュースが外から差し切り無傷の3連勝、武豊騎手のGI完全制覇は残り1つに

朝日杯フューチュリティステークス2022予想コラム一覧

▼データ攻略
◆【データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

◆【データ攻略】“12人気2着馬”とリンクする臨戦過程 「馬券内率100%」の鉄板条件

◆【データ攻略】無敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「白毛の名牝」にも共通するローテとは

◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率75%」の追い風 無類の強さでGI奪取を目論む

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

◆【追い切り診断】無敗の重賞馬に“まさか”の辛口「B」評価 「何か順調さを欠いてのことか…」

◆【追い切り診断】上位人気馬を上回る「A」評価の太鼓判 「連勝も十分にありそうなデキ」

◆【追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気を下回るルメールより信頼すべき名手と、警戒すべき“穴メーカー”

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「下馬評を覆しどんでん返しを起こす」

◆【穴馬アナライズvol.2】単勝オッズ“30倍”以上の伏兵 「先週に続く1勝馬の一発を狙う」

◆【穴馬アナライズvol.3】想定“6人気”前後の刺客 「この人気なら間違いなく買いの判断」

◆【危険な人気馬】連勝中の重賞馬は“消し”評価 「勝ち馬の条件を満たしていない」

▼血統傾向
◆【血統傾向】新種牡馬×母父“単回収値410”の配合に注目 ダノンタッチダウンは減点

文●SPREAD編集部

【随時更新】中京記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】変則日程で2年ぶりの「小倉開催」 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「中京記念2024」本命・注目馬予想一覧 函館記念“14人気3着”アウスヴァール指名の猛者現る

◆【高配当メソッド】1強ムードの年は1人気連対ならず 8勝挙げる“6人気以下”の伏兵たちが夏を盛り上げる

穴馬予想

◆【危険な人気馬】充実4歳馬を“消し” GI馬も撃沈多数、「1.0.0.14」が示すハンデの壁

過去10年傾向・データ分析

◆【全頭診断】前走馬券内の伏兵は「0.0.0.7」で“消し”も 穴妙味はローテ魅力の惨敗組

◆【枠順】今開催“複回収値500超”の好枠に穴馬 内優勢も「好走条件クリア」でむしろ評価を上げたい外枠勢は

◆【データ攻略】「3.0.0.0」該当の人気盲点 “もう買うしかない”推し材料に垂涎の眼差し

◆【データ攻略】軸不在の混戦断つ“馬券内率71%”ホース 人気一角には「0.0.0.11」の逆風

◆【前走ローテ】安田記念組に複回値「465」連対率“100%”データ 穴は小倉開催時「1.0.1.1」のGIII組