Advertisement

【朝日杯FS/データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

 

【朝日杯FS/データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

今週は阪神競馬場で朝日杯フューチュリティS(GI、芝1600m)が行われる。サウジアラビアRCを制したドルチェモアをはじめ、重賞レースを制した若駒が集結。来年のクラシック戦線につながる楽しみな一戦だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「穴馬データ」としてコーパスクリスティを取り上げる。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2022予想/追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

■2歳GIにめっぽう強い中内田充正厩舎×ノーザンファーム産

新馬戦→1勝クラスを連勝中の馬。前走は5頭立ての少頭数だったが、最後方から抜群の切れ味を発揮し勝利を収めた。未知の魅力と戦ってきた相手との比較が難しい印象だが、ここでは魅力の部分を強調するデータをお伝えしたい。

・2歳GI×中内田充正厩舎×ノーザンファーム産【3.0.0.1】

ダノンファンタジー、グレナディアガーズなどが該当したデータ。記憶に新しい阪神JFのリバティアイランドもこのデータを満たしたことでGI馬の称号を手にする運びとなった。「0か100の馬」と鞍上が語るように気性面や折り合いに危うさは残るが、逃げ馬多数のハイペース想定で折り合いはつきやすいはず。2歳GIにめっぽう強いコンビは侮れない。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】無敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「白毛の名牝」にも共通するローテとは

◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率75%」の追い風 無類の強さでGI奪取を目論む

◆【データ攻略】“12人気2着馬”とリンクする臨戦過程 「馬券内率100%」の鉄板条件

Advertisement


朝日杯フューチュリティステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

◆【追い切り診断】無敗の重賞馬に“まさか”の辛口「B」評価 「何か順調さを欠いてのことか…」

◆【追い切り診断】上位人気馬を上回る「A」評価の太鼓判 「連勝も十分にありそうなデキ」

◆【追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】連勝中の重賞馬は“消し”評価 「勝ち馬の条件を満たしていない」

▼血統傾向
◆【血統傾向】新種牡馬×母父“単回収値410”の配合に注目 ダノンタッチダウンは減点

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ダノンタッチダウンは“勝率0%”の6枠 馬券内「4年連続」の好枠に伏兵が入る

Advertisement


◆【前走ローテ】ドルチェモアに“鉄板”データも、2週連続「新馬組」に警戒

◆【脚質傾向】ダノンタッチダウンに“黄信号” 末脚より「先行力」が重要

◆【人気傾向】1人気は「5年連続」馬券内も、過去“馬券外”の共通点

◆【記録室】「あと1勝」今村聖奈、史上5人目のルーキーイヤー“年間50勝”へリーチ

◆【動画プレーバック/朝日杯フューチュリティステークス2021】3人気ドウデュースが外から差し切り無傷の3連勝、武豊騎手のGI完全制覇は残り1つに

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022朝日杯フューチュリティステークス-データ分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。