Advertisement

【朝日杯FS/穴ライズ】想定“6人気”前後の刺客 「この人気なら間違いなく買いの判断」

 

【朝日杯FS/穴ライズ】想定“6人気”前後の刺客 「この人気なら間違いなく買いの判断」

■コーパスクリスティ

9月に新潟芝1400mで行われた新馬戦は、直線で抜け出してそのまま押し切る強い競馬で完勝している。スタートしてすぐに行きたがるそぶりを見せるなど、随所に若さが出ていたが、なんなく初戦を白星で飾った。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2022予想/穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「下馬評を覆しどんでん返しを起こす」

前走は阪神芝1400mの秋明菊賞で、スタートで大きく出遅れるビハインドがありながらも、直線だけの競馬で差し切りV。鞍上が急かさなかったことで道中はうまくリラックスして走れており、最後の伸び脚も圧巻。5頭立てと競馬がしやすかった面があるにせよ、このクラスでは一枚も二枚も地力が違った印象だ。

本馬を管理する中内田厩舎は、2020年グレナディアガーズ、17年ダノンプレミアムでこのレースを制し、昨年もセリフォスで2着、先週の阪神ジュベナイルFもリバティアイランドが優勝し、改めて2歳戦の強さを知らしめた。今回、デビューから2戦2勝の無敗馬のうち、最も人気が低いのは同馬。この人気なら間違いなく“買い”の判断だ。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「下馬評を覆しどんでん返しを起こす」

◆【穴馬アナライズvol.2】単勝オッズ“30倍”以上の伏兵 「先週に続く1勝馬の一発を狙う」

◆【危険な人気馬】連勝中の重賞馬は“消し”評価 「勝ち馬の条件を満たしていない」

朝日杯フューチュリティステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る最高評価「S」 「時計は文句なし、脚捌きはド迫力」

◆【追い切り診断】無敗の重賞馬に“まさか”の辛口「B」評価 「何か順調さを欠いてのことか…」

Advertisement


◆【追い切り診断】上位人気馬を上回る「A」評価の太鼓判 「連勝も十分にありそうなデキ」

◆【追い切り診断】連敗中の想定“10人気”以上に高評価「A」 「攻め気配は相当のレベル」

▼データ攻略
◆【データ攻略】無敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「白毛の名牝」にも共通するローテとは

◆【データ攻略】人気一角に「馬券内率75%」の追い風 無類の強さでGI奪取を目論む

◆【データ攻略】勝率“7割超”に該当の伏兵 「0か100か」狂気のポテンシャル

◆【データ攻略】“12人気2着馬”とリンクする臨戦過程 「馬券内率100%」の鉄板条件

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気を下回るルメールより信頼すべき名手と、警戒すべき“穴メーカー”

Advertisement


▼血統傾向
◆【血統傾向】新種牡馬×母父“単回収値410”の配合に注目 ダノンタッチダウンは減点

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ダノンタッチダウンは“勝率0%”の6枠 馬券内「4年連続」の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ドルチェモアに“鉄板”データも、2週連続「新馬組」に警戒

◆【脚質傾向】ダノンタッチダウンに“黄信号” 末脚より「先行力」が重要

◆【人気傾向】1人気は「5年連続」馬券内も、過去“馬券外”の共通点

◆【記録室】「あと1勝」今村聖奈、史上5人目のルーキーイヤー“年間50勝”へリーチ

◆【動画プレーバック/朝日杯フューチュリティステークス2021】3人気ドウデュースが外から差し切り無傷の3連勝、武豊騎手のGI完全制覇は残り1つに

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。