Advertisement

【ホープフルS/脚質傾向】上がり3F「36秒台」が基本の舞台 上位人気で“明暗”わかれる

【ホープフルS/脚質傾向】上がり3F「36秒台」が基本の舞台 上位人気で“明暗”わかれる
[ホープフルS]過去10年の脚質傾向 ※2012・13年は中山芝2000mのホープフルS

28日に中山競馬場で行われる第39回ホープフルS(GI、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

デビューから2連勝で東スポ杯2歳Sを制したガストリック、その東スポ杯2歳Sで3着のハーツコンチェルト、同条件の葉牡丹賞を快勝したミッキーカプチーノ、野路菊Sを圧勝したファントムシーフらが出走予定。

ここでは予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【ホープフルステークス202予想/穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“6人気”前後 「実績不足をポテンシャルでカバー」

Advertisement

■レースの上がり3Fは36秒台

2012・13年は阪神芝2000m(ラジオNIKKEI杯2歳S)で施行されたため、ここでは番組編成前のオープン特別である中山芝2000mのホープフルSで抽出する。過去10年、逃げ【0.0.0.12】、先行【6.6.1.29】、差し【4.3.7.38】、追込【0.1.2.37】と好位差しが中心。逃げや追込の極端なポジションでは通用しない。

2017年にタイムフライヤーが4角9番手から差し切りVを決めたが、18年のサートゥルナーリアは4角4番手、19年のコントレイルは2番手、20年のダノンザキッドは3番手、昨年のキラーアビリティは3番手から押し切った。それでいて上がり3Fは1位が【5.2.3.7】、2位は【2.2.2.2】、3位は【0.1.2.6】と前で速い上がりを使っている優勝馬が目立つ。

[ホープフルS]過去10年の上がり3F順位傾向

Advertisement

昨年は上がり6位タイのキラーアビリティが制した特殊なレースだったが、ラスト3Fのラップは12秒2-11秒7-12秒4と、勝ち馬がラスト2Fで一気に勝負を決めたため。基本的に最速の上がりは欲しいが、過去10年のうち5年がレースの上がり3F36秒台と時計を要しており、前で押し切る持久力が求められる。

ガストリックは新馬では上がり最速の33秒3で差し切り勝ちだが、前走・東スポ杯2歳Sは早めの競馬で上位人気馬の末脚を封じ込めた。本競争で好走できるタイプと見る。

一方、ハーツコンチェルトは2戦連続で上がり最速となる33秒台の末脚を繰り出したキレ者。新馬はマクリの競馬を見せていただけに、早めに進出できるかがカギとなる。ならば取り口のうまいファントムシーフがこの舞台で上か。

Advertisement

ミッキーカプチーノは前走が後方待機からの差し切りV。むしろミッキーカプチーノと新馬で対戦し、2戦目以降で先行力を磨いたグリューネグリーンは面白い存在だ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ミッキーカプチーノの8枠は勝率0% 3年連続馬券圏内の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ガストリックに“鉄板”データが浮上も、侮れない「別路線組」の存在

◆【人気傾向】昨年12着に大敗も1人気を信頼 穴馬は単勝“20倍台”に潜む

◆【動画プレーバック/ホープフルステークス2021】直線で2番人気キラーアビリティが抜け出し、2着に1馬身半差をつけ快勝

ホープフルステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“15人気”前後に高評価「A」 古馬OPを凌駕する「精神面の強靭さ」

◆【追い切り診断】2戦2勝の人気一角に低評価「B」 「頭が高く、バランスの悪さも気になる」

◆【追い切り診断】ミッキーカプチーノを上回る最高評価「S」 「持てる脚力を100%発揮できる」

◆【追い切り診断】無敗馬を上回る高評価「A」 「脚力は世代最上位、疲れも心配無用」

▼データ攻略
◆【データ攻略】C.ルメールや川田将雅を超える馬券内率“56.5%”、名手が騎乗する「突然変異の怪物」候補とは

◆【データ攻略】“連対率100%”で狙う大駆け 「歴代の有馬記念勝ち馬」にも通ずる血の力

◆【データ攻略】冬の中山芝で騒ぐ激走の血 「馬券内率50%超」で波乱を巻き起こす

◆【データ攻略】8人気3着馬を輩出した「5年連続馬券内」 中山芝の馬場傾向が導くヴィクトリーロード

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“6人気”前後 「実績不足をポテンシャルでカバー」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“10人気”以上の盲点 「穴人気の存在でオッズに妙味」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“60倍”前後の爆穴 「前走凡走で人気落ちなら買い」

◆【危険な人気馬】出世レースを制するも“消し”評価 「つきまとう不安要素」

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で連対率100% 軸にすべきはルメールよりも“好走請負人”

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“5人気”前後に妙味 馬券内率6割超の単回収値「282」に注目

◆【血統傾向】コース相性抜群の血統 “単回収値538”に合致する伏兵とは

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします