Advertisement

【Jリーグ】アンドレス・イニエスタが振り返るW杯、「メッシは優勝してもしなくても最高の選手」 自身の今後は明言せず

 

【Jリーグ】アンドレス・イニエスタが振り返るW杯、「メッシは優勝してもしなくても最高の選手」 自身の今後は明言せず
FCバルセロナ時代のメッシ(左)とイニエスタ (C) Getty Images

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、スペイン紙『MARCA』のインタビューに応じ、今回のFIFAワールドカップ・カタール2022について振り返った。現在Jリーグはオフ期間で、イニエスタはW杯で解説を務めたり、古巣バルセロナを訪問するなどして英気を養っているようだ。

◆【実際の画像】悲願の世界制覇果たしたメッシ、W杯トロフィーを抱えて寝る姿を公開

■重圧に耐えたアルゼンチンを評価

イニエスタはまず、バルセロナ時代のチームメートであり、今大会MVPとなったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)を称えた。「私にとっては、メッシがベストと見なされるために必ずしもW杯で優勝する必要はなかった。W杯で優勝しようがしまいが、彼は最高だ」と話した。

W杯を制したアルゼンチンのメッシ(C)ロイター

続けてアルゼンチン代表にも言及。「W杯王者というタイトルは当然の帰結。大きな重圧がかかる中で、グループリーグ初戦でサウジアラビアに敗退し、さらにその重圧が増した。しかし、そのプレッシャーに耐えた。優勝は当然だと思う」と称賛した。

決勝戦(アルゼンチン対フランス)については「これまでのW杯でベストかもしれない」と感想を口にしたイニエスタ。一方、大会全体については「守備的な戦い方やカウンター主体のサッカーが多かったのも事実。何でもあった」と総括した。

グループリーグでは日本に敗れ、結局ベスト16で散った母国スペイン代表については「もっと勝ち進めると確信していた。しかし、W杯とはそういうものだ」と語り、一発勝負の難しさを説いた。

スペインは優勝した2010年南アフリカ大会以降、14年ブラジル大会はグループリーグ敗退、18年ロシア大会は今回同様にベスト16止まりと苦しい時間を過ごしている。それでも「勝ち抜くのは簡単なことではない。決勝までの道のりは複雑。今回の敗退は今後に役立つと思う」とチームをかばった。

■自身の今後については明言せず

2021年、2年の契約延長に合意したヴィッセル神戸・イニエスタ  (C) Getty Images

Advertisement


神戸との契約は2023年いっぱいとなっているが、自身の今後については「考える日もあれば、考えない日もある。今はまだサッカー選手としての自覚もあるし、プレーしたいという気持ちもあるので、そういう意味ではちょっと考えがまとまらないところがある。今でもトレーニングを楽しんでいるし、チームメートを助けることもできる。今後については、どうなるか分からない。コーチの資格を取って、後々指導者の道に進むかどうかは分からないけれど、他の分野のこともやってみたいというのもある」と進退含めて、結論は出ていないことをうかがわせた。

◆アルゼンチン、約400万人集結で優勝パレード急きょ打ち切り メッシはW杯トロフィーを抱えて寝る姿を投稿

◆堂安律、平均採点日本勢唯一トップ50入り MVPメッシが1位、大会得点王のムバッペは3位

◆イニエスタ、神戸でキャリアを終える覚悟 アジアNo.1クラブへの冒険は続く 

文●SPREAD編集部