Advertisement

W杯3度制覇 サッカーの「王様」ペレ氏死去、元ブラジル代表

 

W杯3度制覇 サッカーの「王様」ペレ氏死去、元ブラジル代表
サッカー界のレジェンドで「王様」と呼ばれた元ブラジル代表ペレ氏が29日、大腸がんの進行などによる多臓器不全のため死去した。82歳だった。2015年10月撮影(2022年 ロイター/Anindito Mukherjee)
[サンパウロ 29日 ロイター] -サッカー界のレジェンドで「王様」と呼ばれた元ブラジル代表ペレ氏が29日、大腸がんの進行などによる多臓器不全のため死去した。82歳だった。

◆【実際の映像】サッカーの王様ペレ、現役時代の華麗なプレー

■「インスピレーションと愛に満ちていた」

同氏が治療を受けていたサンパウロ市内の病院が明らかにした。

ペレ氏のインスタグラムのアカウントも死去を確認し、「きょう安らかに息を引き取った王様ペレの旅は、インスピレーションと愛に満ちていた」などとつづった。

同氏は昨年9月に大腸の腫瘍を取り除く手術を受けて以降、化学療法を受けていた。

ペレことエドソン・アランテス・ド・ナシメント氏は、1958、62、70年のワールドカップ(W杯)で、選手として史上唯一の3度優勝を経験。21年間の現役生活で1283得点を決めた。

◆“サッカーの王様”ペレ氏が死去 3度のW杯優勝など数多くの伝説を残す

◆キリアン・ムバッペの新恋人、世界的モデルのローズ・ベルトランって誰…

◆ネイマール退場、ムバッペ決勝ゴール、メッシは欠場 W杯明けリーグ戦再開でスーパースターが三者三様

Advertisement


文●ロイター/SPREAD編集部