Advertisement

【RIZIN.40】ホベルト・サトシ・ソウザ、あと“一歩”追い詰めるもベラトール王者AJ・マッキーのタフネスぶりに判定負け

 

【RIZIN.40】ホベルト・サトシ・ソウザ、あと“一歩”追い詰めるもベラトール王者AJ・マッキーのタフネスぶりに判定負け
(C)RIZIN FF

湘南美容クリニック presents RIZIN.40/RIZIN vs. Bellator 全面対抗戦(さいたまスーパーアリーナ)」は31日、第15試合のメインマッチ「ホベルト・サトシ・ソウザ vs. AJ・マッキー」が行われ、AJ・マッキーが判定で勝利した。

◆【RIZIN.40】クレベル・コイケ、寝技極まらず涙のRIZIN初黒星 ベラトールPFP1位ピットブルに判定負け

■マッキー「このリングに戻ってきたい」

ベラトールの元フェザー級王者でありフェザー級トーナメント優勝者が、現RIZINライト級王者の前に立ちはだかった。

試合は序盤からマッキーがキレの鋭いサイドキックを見せ、一方のサトシも早くも下から巻き付く。両者、一瞬の隙も見せられない緊迫の攻防が続いた。第1ラウンド残り2分過ぎ、サトシの両足がマッキーの首に巻き付くも、三角絞めならず。

第2ラウンドはサトシも打撃で応戦を開始。フックやハイキックがマッキーの顔をとらえるシーンもあった。残り3分、バックをとったサトシが胴を完璧にロックしリアネイキドチョークを狙うも、マッキーは耐え抜く。立ち上がってサッカーボールキックを繰り出すマッキー。一進一退の攻防はファイナルラウンドへ。

第3ラウンドはサブミッションの攻防。両者、首を狙うもフィニッシュまで至らず、ハイレベルの展開に場内からは拍手が沸き起こる。残り1分過ぎからサトシのチョークが入りそうになるが、マッキーが耐え抜き試合終了のゴングが鳴った。

判定の結果は3-0でAJ・マッキーの勝利。試合後、マイクを向けられたマッキーは「今後、このリングに戻ってきたい」と再来日を予告、日本のファンへ笑顔で感謝を述べた。マッキーはMMA21戦20勝(6KO/TKO、一本7回)1敗、敗戦は今年4月のパトリシオ・ピットブルに判定負けを喫した一戦のみ。

なお、「RIZIN vs. Bellator 全面対抗戦」はベラトール軍が5戦5勝とRIZIN軍を圧倒した。

◆【全15試合プレーバック|RIZIN.40/RIZIN vs. Bellator 全面対抗戦】スダリオ剛の“秒殺”KO負け、伊澤星花“涙”のGP優勝etc.

Advertisement


◆【RIZIN】朝倉未来「過去最高の状態を作って挑む」 BreakingDown回避で牛久絢太郎と来春対戦へ

◆【RIZIN.40】堀口恭司、朝倉海の足を破壊した“カーフキック”を再現し扇久保を三度下す

文●SPREAD編集部