Advertisement

【中山金杯/前走ローテ】重賞組が優位も「GI組は消し」 近年トレンドから伏兵2騎が浮上

 

【中山金杯/前走ローテ】重賞組が優位も「GI組は消し」 近年トレンドから伏兵2騎が浮上

5日に中山競馬場で行われる第72回・中山金杯(GIII、芝2000m)の過去10年データを紹介する。

前走・中日新聞杯でクビ差2着のマテンロウレオ、前走・甲斐路Sを快勝しオープン入りしたラーグルフ、ラジオNIKKEI賞勝ちのフェーングロッテンら明け4歳馬を中心に、重賞で善戦が続くアラタウインキートスなどが出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【中山金杯2023予想/追い切り診断】ラーグルフを上回る最高評価「S」 「春から格段に精神面が強くなった」

■重賞「掲示板」が好走条件

過去10年で最多2勝は前走・金鯱賞組だが、11・12月開催時のもの。最多9頭が馬券内の前走・チャレンジC組は今年不在と、過去実績のあるローテが参考外となる難解な一戦。

[中山金杯]過去10年の前走ローテ

金鯱賞【2.1.0.6】勝率22.2%、連対率・複勝率33.3%
チャレンジC【1.4.4.15】勝率4.2%、連対率20.8%、複勝率37.5%
ディセンバーS【1.2.2.23】勝率3.6%、連対率10.7%、複勝率17.9%
福島記念【1.1.1.15】勝率5.6%、連対率11.1%、複勝率16.7%
マイルCS【1.1.0.0】勝率50.0%、連対率・複勝率100%
AR共和国杯【1.0.0.3】勝率・連対率・複勝率25.0%
毎日王冠【1.0.0.1】勝率・連対率・複勝率50.0%
リゲルS【1.0.0.1】勝率・連対率・複勝率50.0%
ウェルカムS【1.0.0.3】勝率・連対率・複勝率25.0%
フルーツラインC【0.1.0.0】勝率0.0%、連対率・複勝率100%

クラス別に見ると前走・重賞組は【7.7.6.83】、オープン/リステッド競走組は【2.2.2.37】と、重賞組が圧倒している。昨年は4番人気で優勝のレッドガランこそ前走・リゲルS(L)3着だが、7番人気2着のスカーフェイスは前走・チャレンジC(GIII)5着、1番人気3着のヒートオンビートは前走・チャレンジC(GIII)2着と、重賞組が上位に食い込んだ。

重賞組のうち5着以上は【5.6.4.19】、6着以下は【2.1.2.64】。重賞で掲示板に載った馬は強く、今年は中日新聞杯2着のマテンロウレオ、福島記念3着のアラタの2頭が該当する。

Advertisement


◆【中山金杯2023予想/血統傾向】想定オッズ“3桁”の穴馬 1月開催で馬券内率「6割超」に爆跳ねの配合

■GI組より「3勝クラス」が狙い目

前走・重賞組の中でもGI組は【1.1.1.19】と不振傾向にあり、とくに菊花賞組は【0.0.0.8】、エリザベス女王杯組は【0.0.0.3】と好走例がない。距離別で見ると、同距離【6.6.7.59】や距離延長【3.4.3.45】に対し、距離短縮は【1.0.0.25】と、2200m以上からの参戦では通用しない。

前走・菊花賞15着のフェーングロッテン、エリザベス女王杯15着のウインキートスは実績面から上位人気に迫る評価を受けそうだが、データ上は「消し」となる。

穴で面白いのが前走・3勝クラス組。過去10年で【1.1.2.10】とサンプルは少ないが、2018年に10番人気ストレンジクォークが3着、19年は9番人気タニノフランケルが3着、21年は1番人気ヒシイグアスが制し、5番人気ココロノトウダイが2着とワン・ツーを飾った。昨年は前走・3勝クラスの出走がゼロ。今年、前走・3勝クラス1着から参戦するラーグルフのほか、レッドランメルトカレンルシェルブルの伏兵2騎にも警戒したい。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【脚質傾向】上がり最速より“3位”が優位 先行勢に注目も「抽選組」の存在がカギ

◆【動画プレーバック/中山金杯2022】4番人気レッドガランが直線で抜け出し2馬身半差をつける快勝で重賞初制覇

中山金杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】「令和の金杯男」は条件合致で“連対率100%” 押さえておくべきジョッキーとは

Advertisement


▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“13人気”前後に高評価「A」 「気迫は前走時以上のものがある」

◆【追い切り診断】人気一角の4歳馬に辛口「B」 「攻め全体が手緩く、テンションも危うい」

◆【追い切り診断】ラーグルフを上回る最高評価「S」 「春から格段に精神面が強くなった」

▼データ攻略
◆【データ攻略】前走完敗も「1.0.2.0」条件で参考外 中山“トレンド”の血統構成も後押し

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超でコース不得意説を一蹴 脚質転向で「リベンジ」可能

◆【データ攻略】「1.2.2.0」を味方に狙う重賞初V “10人気3着馬”も該当する好条件とは

◆【データ攻略】想定“8人気”前後に食指 実績不足をカバーする「馬券内率100%」条件

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「実質ハンデ据え置きでオイシイ」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の伏兵 「今回のメンバーに入れば威張れる」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“10人気”以上の爆穴 「終い確実に脚を伸ばしてくるタイプ」

◆【危険な人気馬】実績上位の4歳馬は“消し”評価 「持ち味を発揮できないコース」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“3桁”の穴馬 1月開催で馬券内率「6割超」に爆跳ねの配合

◆【血統傾向】単勝“6人気”前後の妙味 枠の不利をカバーする単回収値「435」条件

文●SPREAD編集部