【Xリーグ】ライスボウルを制した富士通アルリルワン・アディヤミが語る日本アメフト界の変貌

ライスボウル優勝の瞬間、歓喜を表すアルリルワン・アディヤミ 撮影:永塚和志
ライスボウル優勝の瞬間、歓喜を表すアルリルワン・アディヤミ 撮影:永塚和志

国内アメリカンフットボールの最高峰を決めるライスボウルが1月3日、東京ドームで開催され、富士通フロンティアーズが近年まれに見るスリリングな好試合の末、パナソニックインパルスを29-21で下した。

◆初のNFL選手輩出へ「クロスオーバーアスリート測定会」実施 日本アメフト界の明日を担うか

■日本アメフト界の頂点ライスボウルの変遷

昨年の大会の再戦を制した富士通は、これで連覇を達成。通算では史上2位となる7度目の王座戴冠となった。

日本においてアメフトの人気は高くはなく、日頃、報道などで取り上げられる頻度も高くない。が、一方で、ライスボウルは今回で76回目と、実は国内でも有数の歴史を誇る試合である。

その歴史の変遷も他競技にはあまりないもので、面白い。ライスボウルは太平洋戦争終戦からまだ間もない1948年に第1回が開催されているが、当時は東西の大学オールスターチームによる対抗戦で、この形式は1983年の第36回大会まで続いた。1984年からは学生王者と社会人王者の対戦へと変更。

1970年代から80年代は日本でもNFLを含めたアメフトブームが訪れ、京都大学ギャングスターズ日本大学フェニックスといった学生チームの隆盛もあり、当時の開催地だった国立競技場には3~4万人以の観衆を集めていた(公式発表はおそらく「下駄を履かせた」数字で正確なところは不明だが、これくらいは入っていたと思われる)。

1992年からは一貫して東京ドームで行われているが、2000年代に入って社会人(1997年よりXリーグと改称)チームが本場アメリカ人選手を採用し始めたこともあって学生側が太刀打ちできなくなり、第75回大会(2022年)からは社会人チームの頂上決戦へとフォーマットを変えた(学生の日本一決定戦は12月下旬の甲子園ボウルとなった)。

2022年度シーズンからは最上位ディビジョンのX1 Superの上位8チームによる「ライスボウルトーナメント」が開催され、より多くのチームにライスボウル進出のチャンスが与えられるようになった。

ライスボウルが社会人チーム同士の対戦となったことは、この試合が元来、学生チームだけの対戦で、その後も大学チームが人気と実力を独占していた時期を考えれば、歴史的なことだと言える。

社会人と学生の間の実力差がついてしまったことは上に触れたが、では、なぜそのような状況となったのか。

それは間違いなく、アメリカ人選手の増加にある。体躯が大きく、運動能力にも優れる本場の選手たちの流入で、リーグのレベルは間違いなく上がった。2010年代から各チームがアメフトの花形で絶対的チームの中心である司令塔のクォーターバック(QB)を続々と採用しはじめてからは、それに拍車がかかった。

■NFLのオファー断り来日

富士通のディフェンシブバック、アルリルワン・アディヤミ 撮影:永塚和志

Xリーグに来る外国人選手はNFLを夢見、トレーニングキャンプ等に招聘されながら手の届かなかった者たちが大半だ(ルールでアメリカのNFLなどのプロリーグ経験者はプレー資格がない)。

しかしなかには、日本に来て長く在籍し、リーグ優勝や個人タイトルを勝ち取りながら、人生の成功をつかんだ選手もいる。

今回、ライスボウル優勝を果たした富士通のアルリルワン・アディヤミは、異国の生活やアメフトへ見事に順応しながら、この国のアメフトのレベルを上げるのに寄与してきた一人だ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします