Advertisement

【中山金杯/危険な人気馬】実績上位の4歳馬は“消し”評価 「持ち味を発揮できないコース」

 

【中山金杯/危険な人気馬】実績上位の4歳馬は“消し”評価 「持ち味を発揮できないコース」

2023年中央競馬の開幕を飾る、第72回中山金杯(GIII、芝2000m)は、昨年のきさらぎ賞覇者で、近走好走のマテンロウレオ、前走で3勝クラスを突破し、2歳時にはホープフルS3着の実績もあるラーグルフ、芝2000mの重賞戦線で堅実な走りを見せ、重賞初制覇を狙うアラタ、ラジオNIKKEI賞の覇者フェーングロッテンなど、好メンバーが揃った。

過去10年の3連単平均配当は5万8737円と、一筋縄ではいかないハンデ戦。そんな中、ラーグルフが今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【中山金杯2023予想/データ攻略】馬券内率“8割”超でコース不得意説を一蹴 脚質転向で「リベンジ」可能

■明け4歳馬は、3歳時の経験値がモノを言う

2歳時のホープフルSで3着に好走し、クラシックでの活躍を期待されたラーグルフだったが、皐月賞では8着と、同世代の高い壁に阻まれた。夏は条件戦から再始動、2勝クラスを勝利し、セントライト記念5着を挟んで、前走は3勝クラスを突破と、着実に階段を上がって、再び重賞戦線へ返り咲いた。

前走3勝クラスをステップに中山金杯へ駒を進めたパターンは、21年ヒシイグアスが連勝の勢いで制した例はあるが、過去10年で【1.1.2.10】と、基本的にはオープン・重賞で戦ってきた馬のほうが有利な傾向だ。

また、年齢別の成績では、4~7歳まで大きな差はなく、4歳馬は【2.3.2.19】と、世代別では勝率、連対率、複勝率ともに、5歳の次に成績は良い。しかし、その内訳をみてみると、3着以内に入った7頭中5頭は、古馬混合重賞で3着以内に好走していた実績があった。ラーグルフは、初めて年上の馬と重賞で対戦することになるが、3歳時の経験不足がここで露呈しないだろうか。

加えて、ラーグルフはこれまでに4勝しているが、勝利時はすべて上がり3F最速のタイムをマークし、4勝中3勝は東京、新潟と直線の長いコースでのもの。一方、敗れたレース、特に中山では、皐月賞や2走前のセントライト記念など、持ち味を発揮することなく大敗しており、コース適性という点では、東京、新潟のほうが向いているのかもしれない。

2歳時のGI実績、条件クラスを勝ち上がった勢いの良さで多くの支持を集めそうなラーグルフだが、妙味ほどの信頼は置けず、ここは思い切って「消し」でいきたい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「実質ハンデ据え置きでオイシイ」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の伏兵 「今回のメンバーに入れば威張れる」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“10人気”以上の爆穴 「終い確実に脚を伸ばしてくるタイプ」

中山金杯2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“13人気”前後に高評価「A」 「気迫は前走時以上のものがある」

◆【追い切り診断】人気一角の4歳馬に辛口「B」 「攻め全体が手緩く、テンションも危うい」

◆【追い切り診断】ラーグルフを上回る最高評価「S」 「春から格段に精神面が強くなった」

▼データ攻略
◆【データ攻略】前走完敗も「1.0.2.0」条件で参考外 中山“トレンド”の血統構成も後押し

◆【データ攻略】馬券内率“8割”超でコース不得意説を一蹴 脚質転向で「リベンジ」可能

Advertisement


◆【データ攻略】「1.2.2.0」を味方に狙う重賞初V “10人気3着馬”も該当する好条件とは

◆【データ攻略】想定“8人気”前後に食指 実績不足をカバーする「馬券内率100%」条件

▼騎手データ
◆【騎手データ】「令和の金杯男」は条件合致で“連対率100%” 押さえておくべきジョッキーとは

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“3桁”の穴馬 1月開催で馬券内率「6割超」に爆跳ねの配合

◆【血統傾向】単勝“6人気”前後の妙味 枠の不利をカバーする単回収値「435」条件

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】重賞組が優位も「GI組は消し」 近年トレンドから伏兵2騎が浮上

◆【脚質傾向】上がり最速より“3位”が優位 先行勢に注目も「抽選組」の存在がカギ

◆【動画プレーバック/中山金杯2022】4番人気レッドガランが直線で抜け出し2馬身半差をつける快勝で重賞初制覇

文●石川豊