Advertisement

【シンザン記念/脚質傾向】追込が最多タイの4勝と活躍も 上がり上位候補の“惑星”に警戒

 

【シンザン記念/脚質傾向】追込が最多タイの4勝と活躍も 上がり上位候補の“惑星”に警戒
[中京芝1600mの重賞クラス]過去10年の脚質傾向

8日に中京競馬場で行われる第57回・シンザン記念(GⅢ、芝1600m)の過去10年データを紹介する。

ディープインパクト産駒の最終世代ライトクオンタムをはじめ、京王杯2歳Sで4着と好走したペースセッティング、初勝利に4戦を要するも安定味のあるトーホウガレオンなどが出走予定となっている。

これまでの優勝馬には、2021年のピクシーナイトや18年のアーモンドアイ、14年のミッキーアイルといった名馬たちがおり、今後の活躍を占う意味でも重要な一戦。

本競走は昨年に続いて中京開催。ここでは中京芝1600mで開催された2021・22年のシンザン記念、21~23年の京都金杯、13~19年の中京記念の結果を基に予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【シンザン記念2023予想/追い切り診断】連敗中の伏兵に「A」評価 「心肺機能は既に仕上がっている」

■近年は中団よりも「前」有利

過去10年、逃げ【1.0.1.11】、先行【4.4.3.30】、差し【3.7.4.65】、追込【4.1.4.48】と追込が先行と同じ4勝しているが、全体的には中団で進めた馬が多く活躍していている。

[中京芝1600mの重賞クラス]過去10年の脚質傾向

しかし、1月開催である本レースや京都金杯が対象となる2021年以降では、逃げ【1.0.1.3】、先行【2.1.3.12】、差し【1.4.1.26】、追込【1.0.0.22】と、追込はわずか1勝のみと低調。近年は「前」有利となっている。

また、先日の京都金杯では4角7番手で上がってきたイルーシヴパンサーが上がり2位の脚で優勝、昨年の本レースでも4角6番手のソリタリオも上がり2位で2着に入っているように、上がり3位以内が必ず馬券に絡んでいる。

Advertisement


今年、前で脚が使えそうなのが、ここまで4戦すべて1800m以上のレースで先行かつ上がり3位以内のトーホウガレオンに期待したい。また、3戦すべて上がり2位以内のサンライズピースも面白い。

◆【シンザン記念2023予想/穴馬アナライズ】想定“6人気”以下の伏兵 「少頭数だからこそハマる可能性」

◆【シンザン記念2023予想/危険な人気馬】実績上位も“消し”評価 「上がり最速をマークしていない」

◆【シンザン記念2023予想/データ攻略】「1.2.0.1」を味方に重賞初Vへ GI馬を輩出した厩舎も後押し

文●SPREAD編集部