Advertisement

【フェアリーS/穴ライズ】単勝オッズ“20倍”前後の盲点 「高いコース適性で一発の気配」

 

【フェアリーS/穴ライズ】単勝オッズ“20倍”前後の盲点 「高いコース適性で一発の気配」

■ディヴァージオン

12月の新馬戦勝ちから、抽選を突破し重賞初挑戦に臨むディヴァージオン。中山芝2000mで行われたデビュー戦では、好スタートから先行集団に取りつき、勝負どころでジワジワと進出を開始。逃げ込みを図るマーゴットミニモを坂上で競り落とすと、鋭く追い込んできたホウオウバーナードの追撃も封じて初戦を白星で飾っている。

◆【フェアリーステークス2023予想/穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の刺客 「混戦を断つピカイチのレースセンス」

まだキャリア1戦の身だが、スタートセンスがいいことに加え、中山のコーナーや急坂にもうまく対応できていたように高いコース適性も備えている。新馬戦を一度使われたことで状態の上昇が見込める今回、一発の気配は十分だろう。

近5年の3着馬はすべてデビュー戦Vからの臨戦で、人気も7、6、5、5、7番人気と伏兵馬が激走。比較的手ごろなメンバーが揃うこの時期の重賞なだけに、1戦1勝馬でも互角以上の走りが期待できる。2勝馬や重賞好走馬に人気が集まりやすいが、経験の浅さは絶好の盲点。高配当の使者はこの馬だ。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の刺客 「混戦を断つピカイチのレースセンス」

フェアリーステークス2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“10人気”前後に高評価 「目論見どおりかそれ以上の雰囲気」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に辛口評価「B」 「体調不安か慎重すぎる内容」

◆【追い切り診断】人気馬を上回る最高評価「S」は伏兵 「機敏さ目立ち気配は絶好」

▼血統傾向
◆【血統傾向】前走大敗で人気落ちの妙味 単回収値「306」の優勝馬と似た配合に注目

Advertisement


◆【血統傾向】想定“8人気”前後に食指 勝率5割の1月開催で単回収値「426」に合致

▼騎手データ
◆【騎手データ】ルメールを上回る中山牝馬重賞の「鬼」 警戒すべき連対率80%の伏兵

シンザン記念2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】連敗中の伏兵に「A」評価 「心肺機能は既に仕上がっている」

◆【追い切り診断】上位人気の一角に「A」の高評価 「7頭立ては大きな材料」

◆【追い切り診断】ライトクオンタムを上回る最高評価「S」 上積み顕著で「ハイレベル」な状態

▼データ攻略
◆【データ攻略】「1.2.0.1」を味方に重賞初Vへ GI馬を輩出した厩舎も後押し

◆【データ攻略】馬券内「7年連続」の事実 過去“4人気1着馬”が2頭の妙味

Advertisement


◆【データ攻略】同コース「2.3.2.2」の好相性 金杯でも魅せた中京マイルの“鬼”

◆【データ攻略】「前走はノーカン」と断言 馬券内率“75.0%”の少頭数で真価

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】想定“6人気”以下の伏兵 「少頭数だからこそハマる可能性」

◆【危険な人気馬】実績上位も“消し”評価 「上がり最速をマークしていない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】単勝1倍台も飛んだ“鬼門”条件 トレンドにハマるキャリア4戦の馬

◆【脚質傾向】追込が最多タイの4勝と活躍も 上がり上位候補の“惑星”に警戒

◆【動画プレーバック/シンザン記念2022】4番人気マテンロウオリオンが内から抜け出しクビ差の辛勝で重賞初勝利

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。