Advertisement

【WBC】佐々木朗希「優勝に貢献する」、山本由伸「全力で腕を振る」、村上宗隆「夢を与える」とメジャー候補選手も決意表明

 

【WBC】佐々木朗希「優勝に貢献する」、山本由伸「全力で腕を振る」、村上宗隆「夢を与える」とメジャー候補選手も決意表明
2022年11月8日、侍ジャパンの一員としてマウンドに上がった佐々木朗希 (C) Getty Images

3月から6年ぶりの開催となる「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」WBC)に参戦する侍ジャパン栗山英樹監督は6日、東京都内で開かれた記者会見に登壇、12名の一次メンバーを発表した。

◆ダルビッシュ有「日本の野球の素晴らしさ伝える」、鈴木誠也「栗山監督を胴上げする」 両メジャーリーガーも意気込み語る

■世界一に近いチーム

「侍ジャパン」招集メンバー発表記者会見に登壇した栗山英樹監督  撮影:SPREAD編集部

会見の冒頭、栗山監督から「一年かけて悩み、現時点で決まっているメンバー」として大谷に加えシカゴ・カブスの鈴木誠也、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有、千葉ロッテ・マリーンズの佐々木朗希、東京ヤクルトスワローズの村上宗隆ら、「一年かけて悩み、現時点で決まっている」参加選手の一部である12名が発表された。最終決定メンバーは後日、発表される。

また栗山監督は、「多くの日本の素晴らしいプレーヤーの中で、できる限り世界一に近いチームはどういうチームなのか考えてきた。信じていくしかないくらい、それだけ日本のレベルは高い。メジャーリーグで活躍する選手や世界中から素晴らしい選手たちが出場する大会になると思う。歴代の野球界の先輩方作ってくれた日本の野球がどこまで通用するのか、必ず日本の野球をやり切って勝ち切る戦いをしたい。これだけのメンバーと、日本で今、たくさんの方が苦しんでいる中で、勇気や元気を届けられるように、子供たちに喜んでもらえるように全力で戦い、必ずや世界一になって皆さんに喜んでもらいたい」と意気込みを語った。

これに際し、代表に選出された12名の選手からは、さまざまなコメントが寄せられている。2022年の大活躍からMLB関係者からも次のメジャーリーガー候補と目される面々も、その責任感について語った。

■MLB関係者から注目を集める選手たちは…

WRCに出場する村上宗隆 (C) Getty Images

あわや前人未到の2試合連続完全試合の投球を披露した千葉ロッテ・マリーンズの佐々木朗希は「大変光栄に思います。日本の優勝のために自分が出来る精一杯のピッチングが出来ればと思っています。優勝に貢献できるよう頑張ります」とコメント。将来、メジャーで戦う際の試金石となる舞台に挑む。

また2年連続投手4冠獲得、オリックス・バファローズの山本由伸もメジャー行きが噂されるひとり。「選出していただき、とても光栄ですし、身が引き締まる思いです。大会へ向けてしっかりと調整をして、日本の世界一に貢献できるように全力で腕を振りたいと思います」とその重責を口にした。

Advertisement


また世界の王貞治を越えるシーズン56号を記録、世界新記録となる5打席連続ホームランを放った東京ヤクルト・スワローズの村上宗隆は「この度、侍ジャパンの一員として選ばれたことを大変光栄に思います。ありがとうございます。子どもの頃に夢中で WBC で戦う侍ジャパンを応援し、夢を見させていただきました。皆さんに夢を与えられるように、そして世界一になれるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。チームとの契約更改時には、メジャー行き容認を受けており、世界を舞台にその実力をどこまで発揮できるか、期待される。

■他6選手からもコメント続々

以下、各選手のコメント(順不同)。

埼玉西武ライオンズ源田壮亮
「このたびは選出いただき、大変光栄です。初めての WBC になりますが、自分らしさを出して、日本の優勝に貢献できるよう精一杯プレーします」。

横浜DeNAベイスターズ牧秀悟
「WBC 出場選手に選出していただき非常に光栄に思います。また、日本を代表してプレーできることに感謝いたします。世界一になるために自分の全力をぶつけたいと思います。そしてチームに貢献できるよう頑張ります!」。

同・今永昇太
「この度は選出していただき非常に光栄に思います。また、同時に責任と重圧を感じております。たくさんの素晴らしい選手に囲まれて野球が出来ることに感謝して、そして野球を観たことのない方々にも興味を持ってもらえるようなプレーをしていきたいです」

福岡ソフトバンク・ホークス近藤健介
「望んでもそうそう出場できるものではないですし、選出頂き本当に光栄に思います。プレミア 12やオリンピックにも出場させて頂きましたが、世界の野球を体感できる貴重な機会だと思っています。最大のモチベーションは栗山監督を世界一の人にしたいという気持ち。代表の重圧を感じながらも精一杯戦いたいと思います」。

福岡ソフトバンク・ホークス甲斐拓也
「選んで頂き、野球人としてこれ以上ない喜びを感じています。栗山監督から熱い思いを聞いていますし、何とか期待に応えないといけません。代表として恥じないよう、これまでの経験を最大限に発揮したいと思います。投手としっかりコミュニケーションをとり、自分が求められているプレーのために最善を尽くします」。

Advertisement


読売ジャイアンツ戸郷翔征
「多くの素晴らしい選手がいるなかで選出していただけたことをとても光栄に思いますし、自分が侍ジャパンの一員になれることを想像するだけでも身震いがしています。侍ジャパンのユニフォームを着られることを誇りに思い、今後の野球人生に生かすためにも自分ができる精一杯の投球をしたいです。世界一を目指して全力で頑張ります」。

WBC東京プールは3月8日、東京ドームで開幕する。

◆大谷翔平、「野球を始めてから1位以外目指したことはない」と決意の一問一答全文

◆特集:“史上最強”侍ジャパンが世界一奪還へ 対戦カード・日程・放送予定・結果一覧

◆侍ジャパンの「歴代最強ローテ確定」 凄すぎて選べない…超豪華投手陣を“大胆予想”

文●SPREAD編集部