Advertisement

【フェアリーS/追い切り診断】想定“10人気”前後に高評価 「目論見どおりかそれ以上の雰囲気」

 

【フェアリーS/追い切り診断】想定“10人気”前後に高評価 「目論見どおりかそれ以上の雰囲気」

■イコノスタシス

【中間調整】11月27日の東京芝マイル未勝利戦で逃げ切って勝利。しっかり脚を溜めて上がりもまとめるセンス上位の走りで、単に展開に恵まれての勝利ではなかった。勝ったのは東京だが脚質的に中山向きと判断されたようで、次戦はフェアリーSと菜の花賞(1月14日・中山芝1600m)の二段構え。ノーザンファーム天栄でじっくり英気を養い、12月23日に美浦へ戻っている。25日の初時計で坂路ラスト1F13秒0(馬なり)と上々の動き。31日のウッド3頭併せでは左右2頭に対しまったく臆することなく、最優勢の手応えを保って併入できていた。

◆【フェアリーステークス2023予想/穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“20倍”前後の盲点 「高いコース適性で一発の気配」

【最終追い切り】1月4日に北村宏司騎手を背にウッドで3頭併せ。この日はさらにタイトに挟まれる格好だったが苦にせず、自分のリズムで加速できていた。テン乗りとなる北村宏司騎手との相性も上々のよう。

【見解】いかにもサンデー系の馬といった感じで目標のレースへ逆算し外厩で基礎部分の鍛錬を済ませ、厩舎で微調整に専念という過程を踏めている。目論見通りかそれ以上にいい雰囲気を併せ馬で見せており、馬込みでの器用さが求められる中山対策はばっちりだろう。かつて藤沢和雄厩舎から様々な名馬が送り出されたハッピートレイルズ一門の血統で、管理する古賀慎明調教師、騎乗する北村宏司騎手ともに“藤沢和学校”の門下生という関係性も調整の順調さを支えているのかも。好気配。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“10人気”前後に高評価 「目論見どおりかそれ以上の雰囲気」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に辛口評価「B」 「体調不安か慎重すぎる内容」

◆【追い切り診断】人気馬を上回る最高評価「S」は伏兵 「機敏さ目立ち気配は絶好」

フェアリーステークス2023予想コラム一覧

▼血統傾向
◆【血統傾向】前走大敗で人気落ちの妙味 単回収値「306」の優勝馬と似た配合に注目

Advertisement


◆【血統傾向】想定“8人気”前後に食指 勝率5割の1月開催で単回収値「426」に合致

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“20倍”前後の盲点 「高いコース適性で一発の気配」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の刺客 「混戦を断つピカイチのレースセンス」

▼騎手データ
◆【騎手データ】ルメールを上回る中山牝馬重賞の「鬼」 警戒すべき連対率80%の伏兵

シンザン記念2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】連敗中の伏兵に「A」評価 「心肺機能は既に仕上がっている」

◆【追い切り診断】上位人気の一角に「A」の高評価 「7頭立ては大きな材料」

◆【追い切り診断】ライトクオンタムを上回る最高評価「S」 上積み顕著で「ハイレベル」な状態

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】「1.2.0.1」を味方に重賞初Vへ GI馬を輩出した厩舎も後押し

◆【データ攻略】馬券内「7年連続」の事実 過去“4人気1着馬”が2頭の妙味

◆【データ攻略】同コース「2.3.2.2」の好相性 金杯でも魅せた中京マイルの“鬼”

◆【データ攻略】「前走はノーカン」と断言 馬券内率“75.0%”の少頭数で真価

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】想定“6人気”以下の伏兵 「少頭数だからこそハマる可能性」

◆【危険な人気馬】実績上位も“消し”評価 「上がり最速をマークしていない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】単勝1倍台も飛んだ“鬼門”条件 トレンドにハマるキャリア4戦の馬

◆【脚質傾向】追込が最多タイの4勝と活躍も 上がり上位候補の“惑星”に警戒

◆【動画プレーバック/シンザン記念2022】4番人気マテンロウオリオンが内から抜け出しクビ差の辛勝で重賞初勝利

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。