Advertisement

【HEROs AWARD 2022】ガンバ大阪・鈴木武蔵 後編 「オリジナリティー」を武器にサッカーで切り開いた足跡

昨年からガンバ大阪でプレーする鈴木(C)Getty Images
昨年からガンバ大阪でプレーする鈴木(C)Getty Images

世界のスポーツ界全体の問題としてテーマに挙げられるのが人種差別。とくにSNSが普及し、誰でも情報発信が可能になった現代において、当事者へ向けた直接的な攻撃は問題視されている。

前編では「Hokkaido Dream」でのプロジェクトについて話を聞いたが、ジャマイカ人の父親と日本人の母親とのハーフとして生まれた鈴木武蔵が幼少期から苦しんできた差別とは。また、アスリートとしてこの問題にどう向き合い乗り越えてきたのか。実体験を踏まえた意見を聞かせてくれた。

鈴木武蔵(すずき・むさし)

●プロサッカー選手

Advertisement

1994年ジャマイカ⽣まれ。ジャマイカ⼈の⽗と⽇本⼈の⺟を持つ。桐⽣第⼀⾼から2012年にアルビレックス新潟に入団し、2016年にリオデジャネイロ五輪にU-23日本代表として出場。⽔⼾ホーリーホック、松本⼭雅FC、V・ファーレン⻑崎、北海道コンサドーレ札幌に在籍し、2019年に日本代表初選出。2020年からベルギー1部のKベールスホットVAで2シーズンプレーし、2022年7月からガンバ大阪に在籍。著書に『ムサシと武蔵』(徳間書店)。

◆【HEROs AWARD 2022】ガンバ大阪・鈴木武蔵 前編 子どもたちを支援するストライカーの挑戦「夢や希望を与えるのがカッコいい」

■「短所だと思っていたことが長所だった」

ジャマイカで生まれた鈴木は、小学校入学に合わせて2000年に群馬県太田市に移住。日本で学生生活を送ってきた。家族のサポートを受けながらも、周りとの見た目の違いに苦しみ、差別やいじめの対象となることもあったという。

Advertisement

「色の部分で日本人になりたいと思っていたし、お母さんには言っていました。お母さんはカッコいいと肯定し続けてくれましたが、色の問題はつらいし、街中へ行くと指をさされることもありました。自分の中で当たり前だと思っていた部分が、日本に来たら当たり前じゃないことがありました」。

そんな鈴木を救ったのがサッカーの存在。桐生第一高時代にU-17ワールドカップの日本代表に南野拓実(ASモナコ)や岩波拓也(浦和レッズ)らとともに名を連ねると、3年時には高校サッカー選手権に初出場。エースとしてベスト8に貢献した。「年齢とともに自分の短所だったと思うところが実際は長所だったと思えた」と、サッカーを通して自分の活かし方を見いだせたと語る。

Advertisement

■「差別はゼロにはならない」

プロ入りし、アルビレックス新潟在籍時の2016年にリオデジャネイロ五輪に出場。Jリーグでは2年連続2桁ゴールを達成し、日本代表にも名を連ねるようになった。自らが影響力を持つにつれて、周りからの雑音に惑わされることはないのか。SNSなどでの誹謗中傷や差別問題について、鈴木は自らの考えを述べる。

「誹謗中傷をする人は一定数いて、差別はよくないですけど、それがゼロになるとも僕の中では思ってない。それは世界的な差別問題からも見て取れる部分です。

色だけじゃなくて、障がいを持つ人たちも僕の中では1つの個性だし、障がいがあっても、突出した能力がある人もいるじゃないですか?それを“障がい”と呼ぶのがあまり好きではない。色の問題も障がいの問題もオリジナリティーとして、(考えを)持っておかなければいけないと思います」。

日本スポーツ界ではテニスの大坂なおみや、バスケットボールの八村塁などがSNSで人種差別について発言することもあった。

鈴木はこれらの行動に対し理解を示しつつ、「どうしても有名になればなるほど人目につく存在にはなっていく。それぞれの選手が『自分は自分』というのを持っていると思っていて、(問題は)一つずつなくしていくことが重要だと思います」と、差別問題への向き合い方について言及している。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします